2018年05月13日

柿葺落四月大歌舞伎 昼の部


misonoza201804.jpg高麗屋さんの襲名披露と新装再開場のこけら落としが重なった四月御園座。
祝祭感にあふれていました。


柿葺落四月大歌舞伎 昼の部
松本幸四郎改め 二代目 松本白 鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎  襲名披露

2018年4月20日(金) 11:00am  
御園座 1階1列センター



一、 寿曽我対面
出演: 市川左團次 中村又五郎  中村鴈治郎  中村壱太郎  
中村米吉  中村種之助  中村歌昇   市川 高麗蔵  大谷友右衛門 ほか
(上演時間: 50分)


工藤祐経の館で総奉行就任の祝宴が執り行われる中、工藤を父の仇と狙う曽我十郎、五郎兄弟が対面を願い出るお話。曽我兄弟ものの代表的な演目で歌舞伎の式美が凝縮され、祝祭劇的な色合いもあって、初春やこけら落としなどのお祝いの興行で上演されることも多い演目です。

左團次さんの工藤祐経、又五郎さんの五郎、鴈治郎さんの十郎という布陣。
いささか地味な座組かなと思いましたが、舞台の絵面は華やかでやはり祝祭感たっぷり。
悪役味のある左團次さんの工藤は大きさも貫録もあります。
血気にはやる五郎は又五郎さんにお似合いの役で、花道でカッと目を見開いて指を広げる姿も決まっています。
鴈治郞さんの十郎は初めて拝見しました。おっとり品よい上方和事風味の十郎。
お二人のバランスがいかにも兄弟味。短身丸顔兄弟× → 福々しい兄弟○

幕切れ近くに友切丸を持って花道をやってくる鬼王新左衛門が一瞬吉右衛門さんに見えて、「吉右衛門さんがこんな役を?襲名のご祝儀なのか?」と思ったのですが、舞台まで進み出ると友右衛門さんで、「そうだよね~」となりました(^^ゞ


昼の部の席は最前列かぶりつきのセンターブロック下手通路側だったのですが、目の前が種之助くん八幡三郎&米吉くん化粧坂少将という若手美形ペアのポジションでして、いやもうずっと観ていたいくらい眼福でございました(上手側は歌昇くん・壱太郎くん)。



image1 (7).jpg

襲名祝幕
開演前に撮ったら、たっつけに法被の大道具さんが花道歩くというレアな画像となりました。



続きがあります
posted by スキップ at 12:47| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする