2018年05月07日

セリハヤテハヤトワカバヒカルサツキ 月組 「カンパニー/BADDY」 千秋楽 ライブ中継


companybaddylive.jpgトップのサヨナラ公演でもないライブ中継はプライオリティ低目なのですが、「BADDY」をもう1回観たかったことと、大好きな宇月颯さんのラストステージを見逃す訳にはいかないということで。
月組は前作「All for One」に続いてのライブ中継参戦です。


宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演 千秋楽 ライブ中継
ミュージカル・プレイ
「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」
原作: 伊吹有喜 「カンパニー」
脚本・演出: 石田昌也
ショー・テント・タカラヅカ
「BADDY -悪党(ヤツ)は月からやって来る-」
作・演出: 上田久美子
演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  綾月せり  
宇月颯  紫門ゆりや   早乙女わかば   月城かなと  暁千星 ほか

2018年5月6日(日) 3:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン6
(上映時間: 4時間<カーテンコール含む>/休憩 30分)



舞台を観た感想はこちらこちら



「BADDY」
舞台観た時、「ショーは、タカラヅカにとって、エポックメイキングな作品の一つに数えられるのではないかしら」と感想を書いたのですが、今では、「タカラヅカ史に残るショー」だと思っています。
何度観ても楽しいし、ワクワクドキドキするし、観るたびに体感時間が短くなります。

宝塚ファンとしてこのショーを好きか嫌いか、受け容れられるか否かはまた別の問題として、ヅカファンなら一度は観ておくべき・・というか洗礼を受けるべき・・ショーだと思います(もう公演は終わっちゃったけれど)。
ストーリー仕立てのショーはこれまでにもありましたが、この「BADDY」は、プロローグ・中詰・ロケット・男役群舞・デュエットダンス・パレードと「宝塚のショー」のセオリー通りで構成されていて、しかも一つひとつの場面にストーリー上での意味を持たせています。
さらには、トップコンビ、二番手、三番手とストーリーの中で見せ場をつくってソロの歌もあれば、退団する生徒にもちゃんと見どころ場面をつくってくれています。
しかしてそのストーリーは、「善」と「正しいこと」だけの清潔な世界・・・そんなの、つまんねぇだろ?という問いかけに貫かれていてとても挑戦的。

そんな上田久美子先生の挑戦の意図を月組生が見事に演じきって、本当にすばらしいショー。
あー、これ書いていたらまた観たくなってきました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする