2018年05月05日

マクベスは自分で選んだんだ 「赤道の下のマクベス」


macbeth.jpg今でもタイトル聞くだけで胸がキュッと締め付けられるような気持ちになる「焼肉ドラゴン」はじめ、「たとえば野に咲く花のように」 「パーマ屋スミレ」と鄭義信さんが新国立劇場に書き下ろした昭和の戦後史を描いた三部作に続く第四弾。

これまでの作品の中で時間的にも内容的にも最も「戦争に近い」作品でした。



「赤道の下のマクベス」 Macbeth on the Equator
作・演出: 鄭義信
出演: 池内博之  浅野雅博  尾上寛之  丸山厚人  
木津誠之  チョウヨンホ  岩男海史  中西良介  平田満

2018年4月6日(金) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 2時間45分/休憩 15分)



三部作の観劇記:
焼肉ドラゴン (2011年4月)
たとえば野に咲く花のように (2016年4月)
パーマ屋スミレ (2016年6月)


1947年夏 シンガポール チャンギ刑務所。
BC級戦犯が収容される監獄・Pホールが舞台。

ここに収容されているのは、
演劇にあこがれ、シェイクスピアの「マクベス」をぼろぼろになるほど読み込む朴南星(池内博之)
戦犯となった身を嘆きいてめそめそ泣いてばかりいる李文平(尾上寛之)
一度釈放されたにもかかわらず、再び捕えられこの刑務所に戻された金春吉(丸山厚人)
という朝鮮人3人と
残虐行為を命令し続けた陸軍大尉 山形武雄(浅野雅博)
山形の部下で捕虜を迫害した罪に問われている小西正蔵(木津誠之)
ニューギニアで地獄の行軍をした黒田直次郎(平田満)
の日本人3人

高い位置にある絞首台が常に彼らを見下ろす中庭。
赤道直下の太陽が照りつける中庭をはさんで両側に独房の6つの扉。
その壁には拙い文字で鉄道路線 が書かれたこの空間で展開する息詰まるような物語。


続きがあります
posted by スキップ at 14:25| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする