2018年05月01日

「隣の芝生も。」・・・青くはない


tonarinoshibafumo.jpg来年劇団創立30年を迎えるMONOのオリジナル公演。
劇団員5名に若手俳優の客演5名という布陣です。


MONO 第45回公演 「隣の芝生も。」
作・演出: 土田英生 
出演:  尾方宣久  水沼健  奥村泰彦  金替康博  
土田英生/高橋明日香  大村わたる  立川茜  
石丸奈菜美  渡辺啓太

2018年3月26日(月) 7:00pm ABCホール 
XA列(最前列)センター (上演時間: 2時間)



物語: 古い雑居ビルの1室で、元ヤクザたちが探偵事務所を開こうとしていました。元組長の小山田(尾方宣久)は敵対組織から命を狙われているらしいと怯えています。
一方、隣の部屋は若者たちが営むスタンプショップ。その経営者兄妹の兄・信之助(大村わたる)が1か月前から失踪中で、妹の波留(立川茜)兄の行方を探してほしいと探偵事務所に依頼します。信之助はほどなく見つかりますが・・・。



MONOの劇団員(全員おじさん)がヤクザ側でスタンプショップ側は客演の若い役者さんとくっきり分かれた構成。
途中で廻り舞台のように入れ替わる2つの部屋も明るさや色の違いがくっきり際立ちます。
本当なら出会うはずのない人々が隣同士という縁で出会ったり、知らずに接点を持っていたり、という人生の機微を描くのかと思いきや、そこには秘密めいた陰謀も見え隠れして。
結局、世間的に怖いと思われているヤクザ(だけど気のいいおじさんたち)よりフツーの若者の方が一枚も二枚も上手だった(?)という切なくも苦い話・・・という感じでしょうか。



続きがあります
posted by スキップ at 22:21| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする