2018年04月25日

お前に助けられる日が来るとはな スーパ歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」 千穐楽



image1 (6).jpg

このあいだ初日を観たばかりなのに、もう千穐楽。
25日間なんてほんとあっという間だな。
他の日のチケットも取っていたのですが諸般の事情により手放すこととなり、初日と千穐楽だけの観劇となりました。
劇場に少し早く着いたところ、尾上右近くんや市川猿弥さんの入りに遭遇 幸先よい千穐楽のスタートです。


image1 (9).jpgスーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」
原作: 尾田栄一郎
脚本・演出: 横内謙介
演出: 市川猿之助
スーパーバイザー: 市川猿翁

2018年4月25日(水) 11:00am 松竹座 3階3列センター
(上演時間: 4時間5分/幕間 25分・30分)


出演者その他詳細は省略。

これまでの観劇:
2018年4月   松竹座 初日
2017年11月   新橋演舞場
2016年3月   松竹座 ①
2016年3月   松竹座 ②


尾上右近くんのルフィ/ハンコックはもうすっかり持ち役だなという印象。
昨秋の新橋演舞場では、「麦わらの挑戦」も「代役」も、「けんけんならきっとできる」と思いながら、客席中が、もしかしたら舞台上も、「見守る」感があったものですが、今回は普通にダブルキャストといった趣き。
あの時に感じた「弟」感はそのままに、堂々とした主役のルフィでした。

今日の席は3階の鳥屋の真横だったのですが、宙乗りのラスト近く、鳥屋の入る前に舞台と下の客席に向かう時(つまり私たちは後ろ姿を観ることになる訳ですが)の躍動感ったらなかったです。

2016年に松竹座で「ワンピース」のご出演中にゲストにいらした「附けの會」で、「ワンピースで好きな場面は?」という質問に、、「『お前に助けられる日が来るとはな』のところ」とおっしゃっていた右近くん。エースがルフィに言う台詞で、「自分が出ている場面ではないですけど」と。
あの時は自分がルフィやることになるなんて思っていなかったかもしれませんが、今日、平さんエースのこの台詞を聴いていて、右近くんはどんな気持ちでこの言葉を聴いているんだろうと思いました。
あの時、「いつか先輩たちに言われてみたい」とおっしゃっていましたが、去年から今年にかけて、きっといっぱい言われたよね。



続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする