2018年04月23日

明けない夜など絶対ありはしない スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」


onepiece201804.jpg

2015年 新橋演舞場で初演。
2016年 松竹座と博多座で続演されたスーパー歌舞伎 Ⅱ 「ワンピース」。
2017年 新橋演舞場で再演の幕が開いたばかりの10月9日 思いもよらない事故で休演することになってしまった市川猿之助さん。

その猿之助さんルフィが戻ってくるなら、初日に観るっきゃないでしょう。


スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」
原作: 尾田栄一郎
脚本・演出: 横内謙介
演出: 市川猿之助
スーパーバイザー: 市川猿翁
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保   
映像: 上田大樹  衣装: 竹田団吾
出演: 尾上右近  市川右團次  坂東巳之助  中村隼人  坂東新悟  
市川弘太郎  市川寿猿  坂東竹三郎  市川笑三郎  市川猿弥  
市川笑也  市川男女蔵  市川門之助  市川猿/
平岳大  嘉島典俊  下村青  浅野和之 ほか

2018年4月1日(日) 4:30pm 大阪松竹座 3階右列
(上演時間: 4時間5分/幕間 25分・30分)



松竹座と演舞場でそれぞれ2回ずつ観て、感想は散々きましたので詳細はそちらを読んでいただくとして省略。
今回特に感じたことをいくつか。


2017年11月 新橋演舞場
2016年3月 松竹座 ①
2016年3月 松竹座 ②



今回演出が変わったということですが、物語の構成は尾上右近くんが加入した2016年松竹座版以降と同じ印象。
いくつかわかりやすくなった場面が加えられのかなと思いましたが、幕間や終演後にお目にかかったご贔屓さんに話すと「あの場面は前からあったよ」ということでしたので、私だけが初めて観たシーンと思っていたらしい(5回目なのに)。

これは他の歌舞伎の演目を観ていても感じることなのですが、松竹座で観るととても自分の中に入ってきやすい。
より理解が深まるというか・・・今回5回目ということもあるかもしれませんが、演舞場の1階で観るよる松竹座の3階で観る方が物語に入り込みやすい気がします。
そんな訳で5ヵ月ぶりの「ワンピース」とてもおもしろく拝見しました。



続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする