2018年04月15日

闇を斬り 優しさを斬り 雪組 「誠の群像/SUPER VOYAGER!」


makoto2018.jpg「雪組の全ツってこの前観たばかりじゃなかった?」と思ったら、昨年8月でした。
全ツ(望海さんトッププレお披露目)→ お披露目公演(宝塚・東京)→ 全ツ ということですね。


宝塚歌劇雪組 全国ツアー公演
幕末ロマン 「誠の群像」-新選組流亡記-
原案: 司馬遼太郎「燃えよ剣」「新選組血風録」
脚本・演出: 石田昌也
レヴュー・スペクタキュラー 「SUPER VOYAGER!」
-希望の海へ-

作・演出: 野口幸作
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  奏乃はると  彩凪翔  
煌羽レオ  綾凰華  彩みちる   眞ノ宮るい/夏美よう ほか

2018年3月25日(日) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階20列下手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)
    



「誠の群像」 -新選組流亡記-


1997年に麻路さきさん主演の星組で上演されて以来、21年ぶりの再演なのだとか。
雪組で新選組といえば汀夏子さんが沖田総司を演じた「星影の人」にどハマリした記憶がありますが、あの作品が柴田侑宏先生のオリジナルだったのに対してこちらは司馬遼太郎さん作「燃えよ剣」「新選組血風録」をもとに、新選組副長・土方歳三の生き様を描いた作品。
幕末好き、「燃えよ剣」好き、新選組好きの私にピタリと来ないはずがありません。

思った以上に「燃えよ剣」であり「新選組血風録」だったというのが一番の印象。
芹沢鴨暗殺や山南敬助脱走からの切腹、池田屋事件など史実にも小説にもあるエピソードをきちんと織り込みながら、新選組の副長として、本来持つやさしい心を押し殺して「鬼の土方」と怖れられ、厳しい規律を自分にも周囲にも課して組織を守り、維新後も最後まで武士として生き抜いた土方歳三を、お小夜という女性との恋もからめて描いていて、とてもおもしろく見応えのある作品。

初演は観ていないのですが、今回の雪組のキャストがこれ以上ないというくらいハマっていて、このまま大劇場で上演してもいいと思えるくらい。


続きがあります
posted by スキップ at 16:01| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする