2018年04月13日

「修羅天魔~髑髏城の七人 Season 極」 ライブビューイング


shuralv.jpg

実はこの日(と1週間前)のチケットを持っていたのですが、元々それほど前のめりでなかったところへ自分の観る回がライブビューイングと発表されると、シュルシュルシュル~と音をたてて舞台観に行きたい風船がしぼんでしまいました。
さらには上京して一緒に観る予定だった「ヘッダ・ガブラー」と「四月大歌舞伎」のチケットも手放すという体たらくでございます。

かくして、「舞台そのものを観ないで映像だけ観て舞台作品観た気になるなんて邪道よ」と忌み嫌っていたはずの禁忌を自ら破ることになった次第。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」 ライブビューイング
作: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保  衣裳: GROUP色  竹田団吾
音楽: 岡崎司  松﨑雄一  作詞:デーモン閣下
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  右近健一  河野まさと  
逆木圭一郎  村木よし子  吉田メタル  保坂エマ  川原正嗣  原慎一郎  
三宅弘城  山本亨  梶原善  古田新太 ほか

2018年4月12日(木) 12:30pm なんばパークスシネマ シアター7
(上映時間: 3時間45分/休憩 20分)



「髑髏城~」の世界観、登場人物を活かしつつも完全新作の大人の男と女の愛憎劇として中島かずきさんが書き下ろした作品なのだそうです。
「大人の男と女の愛憎劇」という部分は些か物足りなく感じたものの、もうひとつの「髑髏城の七人」として、思っていた以上におもしろく拝見しました。

「捨之介も蘭兵衛も出ない髑髏城」で、主役は極楽太夫こと雑賀のお蘭。
鉄砲の遣い手である雑賀衆の生き残りという「髑髏城」での設定は活かしながら、渡り遊女、実は一匹狼の凄腕のスナイパーというキャラクター。

新しい登場人物として夢三郎こと伐折羅の夢虎、徳川家康の密偵・清十郎の二人が加入。

感触としては
極楽太夫: 極楽太夫+捨之介+少々蘭兵衛
夢三郎: 蘭兵衛+ほんのちょっぴり天魔王  
という感じかな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする