2018年04月06日

「明日へのエナジー」は宝塚のタカラ 宙組 「シトラスの風-Sunrise-」


citrus2018.jpg


「シトラスの風」は1998年に宙組が誕生して最初に上演されたショー。
その初演は観ていないの私でも「明日へのエナジー」は知っているし歌える、というくらいヅカファンには有名なショー。
その後も宙組ばかりで何度か再演されているのですが、私は観たことなーいと思っていたら、2015年に朝夏まなとさん主演で「シトラスの風 Ⅲ」を観ていました(^^ゞ

ロマンチック・レビュー  「シトラスの風 -Sunrise-」

~Special Version for 20th Anniversary~
作・演出: 岡田敬二
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  愛月ひかる  
寿つかさ  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら   留依蒔世  瑠風輝/星条海斗 ほか

2018年3月18日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階12列センター


「天は赤い河のほとり」の感想はこちら


Sunriseというサブタイトルのついた今回の「シトラスの風」は、オリジナルにある場面と新しく挿入されたシーンとのミックスということですが、印象に残った場面をいくつか。


「シトラ~ス♪ シトラ~ス♪」というオープニングで黄色やグリーン、水色といった鮮やかな衣装が並ぶと「あー、そうだったそうだった。こんなだった」と急に甦る記憶。
音と視覚のチカラってほんとすごいわねと改めて思います。
オーラスの真風くんが登場して「シトラ~ス」と歌い始めると声と押し出しが少し弱い気がして思わず「がんばれ!」と拳を握りしめました。

真風涼帆、芹香、星条、愛月と皆さん長身男役なので眺めもよいし、華もあってやっぱりステキ。
今回ショー全体を通して専科の星条海斗さんが三番手のポジションに入っていて、その分愛月ひかるさんがワリ食ってやっぱり不憫。めげずにがんばってほしい(再び)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする