2018年04月03日

生きることは怒りと狂気に満ちている 「岸 リトラル」


littoral.jpg昨年観て魂を揺さぶられる思いだった「炎 アンサンディ」を含むワジディ・ムワワドの“約束の血4部作”の1作目となる作品の日本版初演。
藤井慎太郎さんの翻訳、演出の上村聡史さんはじめ同じスタッフでの上演です。
「炎・・」が子どもたちが「母」の真実を辿る展開だったのに対して、こちらは「父」の物語。


「岸 リトラル」
作: ワジディ・ムワワド
翻訳: 藤井慎太郎
演出: 上村聡史
美術: 長田佳代子   照明: 沢田祐二   音楽: 国広和毅 
出演: 岡本健一  亀田佳明  栗田桃子  小柳友  
鈴木勝大  佐川和正  大谷亮介  中嶋朋子

2018年3月17日(土) 4:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 3時間30分/休憩 15分)



物語: モントリオールに住む青年ウィルフリード(亀田佳明)は行きずりの女性と「人生で一番すごいセックス」をしている最中に1本の電話を受けます。それは疎遠だった父イスマイル(岡本健一)の死を知らせるものでした。ウィルフリードは母ジャンヌの墓に父を一緒に埋葬しようと考えますが、ウィルの誕生と引き換えに命を落とした母の親族は「ジャンヌを殺したのはイスマイルだ」と父を同葬することを断固拒絶します。ウィルフリードは遺品のスーツケースから投函されなかった彼宛の某大な数の父の手紙を読み、父の魂と埋葬の地を求めてその遺体を籠に入れて背負い、内戦の傷跡が癒えぬ中東の祖国を彷徨います・・・。


ウィルフリードが幼い頃から空想していたアーサー王の騎士ギロムランが現れたり、ウィルたちを撮影する映画監督とスタッフがいたり、遺体である父イスマイルが動いてウィルと会話したり、ウィルが祖国で出会う人々もどこか寓話的というか、すべてウィルフリードの妄想の世界のような観があって、虚と実、生と死の境を超えて物語は繰り広げられます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする