2018年04月13日

「修羅天魔~髑髏城の七人 Season 極」 ライブビューイング


shuralv.jpg

実はこの日(と1週間前)のチケットを持っていたのですが、元々それほど前のめりでなかったところへ自分の観る回がライブビューイングと発表されると、シュルシュルシュル~と音をたてて舞台観に行きたい風船がしぼんでしまいました。
さらには上京して一緒に観る予定だった「ヘッダ・ガブラー」と「四月大歌舞伎」のチケットも手放すという体たらくでございます。

かくして、「舞台そのものを観ないで映像だけ観て舞台作品観た気になるなんて邪道よ」と忌み嫌っていたはずの禁忌を自ら破ることになった次第。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」 ライブビューイング
作: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保  衣裳: GROUP色  竹田団吾
音楽: 岡崎司  松﨑雄一  作詞:デーモン閣下
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  右近健一  河野まさと  
逆木圭一郎  村木よし子  吉田メタル  保坂エマ  川原正嗣  原慎一郎  
三宅弘城  山本亨  梶原善  古田新太 ほか

2018年4月12日(木) 12:30pm なんばパークスシネマ シアター7
(上映時間: 3時間45分/休憩 20分)



「髑髏城~」の世界観、登場人物を活かしつつも完全新作の大人の男と女の愛憎劇として中島かずきさんが書き下ろした作品なのだそうです。
「大人の男と女の愛憎劇」という部分は些か物足りなく感じたものの、もうひとつの「髑髏城の七人」として、思っていた以上におもしろく拝見しました。

「捨之介も蘭兵衛も出ない髑髏城」で、主役は極楽太夫こと雑賀のお蘭。
鉄砲の遣い手である雑賀衆の生き残りという「髑髏城」での設定は活かしながら、渡り遊女、実は一匹狼の凄腕のスナイパーというキャラクター。

新しい登場人物として夢三郎こと伐折羅の夢虎、徳川家康の密偵・清十郎の二人が加入。

感触としては
極楽太夫: 極楽太夫+捨之介+少々蘭兵衛
夢三郎: 蘭兵衛+ほんのちょっぴり天魔王  
という感じかな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

苦楽園で京料理を食す 「京料理くまがい」


image1 (7).jpg

今日は友人と苦楽園でお花見がてらランチ・・・というものの、今年は桜が早くてあっという間に散ってしまったので、夙川公園はすっかり葉桜でフツーのランチ会になりましたが。
おいしいお料理をいただいて楽しくおしゃべりするのが主目的なのでノープロブレムです。


京料理くまがい
西宮市樋之池町22-7
tel: 0798-71-7122


阪急電車 苦楽園口駅から歩いて15分くらい。樋之池公園のそばにあります。
マンションの1階ですが、凛としたたたずまいのお店が迎えてくれます。

店主の熊谷伸司さんは京都の瓢亭で長年経験を積まれた方。
苦楽園で本格的な京料理が味わえるお店です。


image2 (5).jpg

お香の漂う店内は、一枚板のカウンター10席と個室がひとつ。
カウンターは照明が落としてあり、席の間はゆったりしていて、とても落ち着ける雰囲気です。
お昼は松花堂弁当もありますが、「季節の点心」というミニコースをいただきました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

「明日へのエナジー」は宝塚のタカラ 宙組 「シトラスの風-Sunrise-」


citrus2018.jpg


「シトラスの風」は1998年に宙組が誕生して最初に上演されたショー。
その初演は観ていないの私でも「明日へのエナジー」は知っているし歌える、というくらいヅカファンには有名なショー。
その後も宙組ばかりで何度か再演されているのですが、私は観たことなーいと思っていたら、2015年に朝夏まなとさん主演で「シトラスの風 Ⅲ」を観ていました(^^ゞ

ロマンチック・レビュー  「シトラスの風 -Sunrise-」

~Special Version for 20th Anniversary~
作・演出: 岡田敬二
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  愛月ひかる  
寿つかさ  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら   留依蒔世  瑠風輝/星条海斗 ほか

2018年3月18日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階12列センター


「天は赤い河のほとり」の感想はこちら


Sunriseというサブタイトルのついた今回の「シトラスの風」は、オリジナルにある場面と新しく挿入されたシーンとのミックスということですが、印象に残った場面をいくつか。


「シトラ~ス♪ シトラ~ス♪」というオープニングで黄色やグリーン、水色といった鮮やかな衣装が並ぶと「あー、そうだったそうだった。こんなだった」と急に甦る記憶。
音と視覚のチカラってほんとすごいわねと改めて思います。
オーラスの真風くんが登場して「シトラ~ス」と歌い始めると声と押し出しが少し弱い気がして思わず「がんばれ!」と拳を握りしめました。

真風涼帆、芹香、星条、愛月と皆さん長身男役なので眺めもよいし、華もあってやっぱりステキ。
今回ショー全体を通して専科の星条海斗さんが三番手のポジションに入っていて、その分愛月ひかるさんがワリ食ってやっぱり不憫。めげずにがんばってほしい(再び)。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

祝トップお披露目&20周年 宙組 「天は赤い河のほとり/シトラスの風-Sunrise-」


sora2018.jpg  sora2018senklo.jpg

1998年に宙組が誕生して今年で20周年。
その宙組 八代目のトップスターとなる真風涼帆さん。
1月 東京国際フォーラム「WEST SIDE STORY」でのプレお披露目を経て、いよいよ本拠地・大劇場お披露目です。
新トップコンビお披露目と宙組20周年の両方をお祝いする公演となりました。


宝塚歌劇 宙組公演
ミュージカル・オリエント 「天(そら)は赤い河のほとり」
原作: 篠原千絵
脚本・演出: 小柳奈穂子
ロマンチック・レビュー  「シトラスの風-Sunrise-」
~Special Version for 20th Anniversary~
作・演出: 岡田敬二
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  愛月ひかる  
寿つかさ  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら   留依蒔世  瑠風輝/星条海斗 ほか

2018年3月18日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階12列センター
(上演時間: 3時間/休憩: 30分)



「天は赤い河のほとり」

物語の舞台は紀元前14世紀 古代オリエントのヒッタイト帝国。
優れた才能と血筋で世継ぎと目される第3皇子カイル(真風涼帆)は、奇妙な服装をした少女ユーリ(星風まどか)と出会います。彼女は、皇妃ナキア(純矢ちとせ)が自分の息子である第6皇子ジュダを王位に就かせるため、邪魔な兄皇子達を呪い殺す生贄として現代の日本から呼び寄せた女子高生でした。事情を知ったカイルはユーリの身を守るため側室として傍に置きますが、正義感に溢れ、現代的な感覚で物事を捉えるユーリは、次第に民衆の心を掴み、戦いの女神イシュタルとして崇拝されるようになります・・・。


原作は28巻からなる少女マンガということですが、読んだことなくてストーリーも全く知らず、衣装から古代エジプトあたりの話かな、くらいの気分で観ました。
衣装といえば、今回のポスター(左の画像)とてもステキですが、それに先立って先行画像(右)が公開された時、大劇場作品としては久々にテンション上がって前のめりになったよね。
真風くんがまどかちゃんの頭に置く左手がたまらん。・・・その前の月組「カンパニー」のポスターがアレだったしね(以下自粛)



続きがあります
posted by スキップ at 21:57| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

生きることは怒りと狂気に満ちている 「岸 リトラル」


littoral.jpg昨年観て魂を揺さぶられる思いだった「炎 アンサンディ」を含むワジディ・ムワワドの“約束の血4部作”の1作目となる作品の日本版初演。
藤井慎太郎さんの翻訳、演出の上村聡史さんはじめ同じスタッフでの上演です。
「炎・・」が子どもたちが「母」の真実を辿る展開だったのに対して、こちらは「父」の物語。


「岸 リトラル」
作: ワジディ・ムワワド
翻訳: 藤井慎太郎
演出: 上村聡史
美術: 長田佳代子   照明: 沢田祐二   音楽: 国広和毅 
出演: 岡本健一  亀田佳明  栗田桃子  小柳友  
鈴木勝大  佐川和正  大谷亮介  中嶋朋子

2018年3月17日(土) 4:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 3時間30分/休憩 15分)



物語: モントリオールに住む青年ウィルフリード(亀田佳明)は行きずりの女性と「人生で一番すごいセックス」をしている最中に1本の電話を受けます。それは疎遠だった父イスマイル(岡本健一)の死を知らせるものでした。ウィルフリードは母ジャンヌの墓に父を一緒に埋葬しようと考えますが、ウィルの誕生と引き換えに命を落とした母の親族は「ジャンヌを殺したのはイスマイルだ」と父を同葬することを断固拒絶します。ウィルフリードは遺品のスーツケースから投函されなかった彼宛の某大な数の父の手紙を読み、父の魂と埋葬の地を求めてその遺体を籠に入れて背負い、内戦の傷跡が癒えぬ中東の祖国を彷徨います・・・。


ウィルフリードが幼い頃から空想していたアーサー王の騎士ギロムランが現れたり、ウィルたちを撮影する映画監督とスタッフがいたり、遺体である父イスマイルが動いてウィルと会話したり、ウィルが祖国で出会う人々もどこか寓話的というか、すべてウィルフリードの妄想の世界のような観があって、虚と実、生と死の境を超えて物語は繰り広げられます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする