2018年03月31日

たとえ 「シャンハイムーン」 は書けなくても


shanghaimoon.jpg私の父は本を読むのが好きで、夜、家族がテレビを見ている傍らでいつも静かに本を読んでいる、というのが幼い頃の父の記憶。
娘も読書好きにしたかったのか、幼少時代から50巻以上の文学全集や様々な作家の本を買い与えてくれて、お陰で高校生になる頃には国内外を問わず著名な作家の代表作と言われる作品はほとんど読んでいる、という有り難い青春時代を過ごしました。

そんな父が買ってくれた一冊が「阿Q正伝」。
「阿Qって何よ?オバQみたい」と思ったことくらいしか記憶にありませんが、これが私が魯迅という作家を知った最初でした。中学1年生の時です。
魯迅の思想や日本、あるいは中国共産党とのかかわり、蒋介石率いる国民党政府との確執などを知ったのはずっと後になってから。
そんな魯迅の、最晩年のひと夏の物語。


こまつ座&世田谷パブリックシアター  「シャンハイムーン」
作: 井上ひさし 
演出: 栗山民也 
音楽: 宇野誠一郎 
美術: 二村周作   照明: 服部基   映像: 上田大樹  
出演: 野村萬斎  広末涼子  鷲尾真知子  土屋佑壱  山崎一  辻萬長

2018年3月14日(水) 1:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 3時間5分/休憩 15分)



物語の舞台は昭和9年(1934)夏の上海。
中国の偉大な文学者であり思想革命の指導者でもあった魯迅(野村萬斎)は蒋介石の国民党政府によって逮捕令が出され、妻の許広平(広末涼子)、息子とともに日本租界で書店を営む内山完造・みき夫妻(辻萬長・鷲尾真知子)のもとに匿われます。長い逃亡生活と不摂生、さらには医者嫌いから健康が損なわれていた魯迅のために、夫妻は医師の須藤(山崎一)、歯科医の奥田(土屋佑壱)にそれと悟られぬよう治療させようとします。さらには、魯迅を安全な日本で養生させようと考えますが・・・。


内山書店二階の一室で繰り広げられる物語。
大きな窓の向こうには、その時々に姿を変える大きな月。
まるで人間の日々の営みを見守っているよう。
折しもこの公演が金沢で大千穐楽を迎える今日 3月31日は満月。何て素敵な符合でしょう。

井上ひさしさんの戯曲にしては珍しく歌も踊りもなくて、全編台詞のみで展開します。
その分、言葉を駆使した台詞劇としての濃密さが印象的。
失語症に陥った魯迅がいろいろ言い間違えて、それを広平が即座に理解して正しく言い換える、という場面があって、まるで言葉遊びのようで思わず笑ってしまったのですが、言葉を大切にした井上さんらしくて、言葉ってちょっとした音の違いだけでこんなにも別の表情を持つことに感じ入りました。


続きがあります
posted by スキップ at 21:56| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする