2018年03月21日

憎しみがなくなる日 「プルートゥ PLUTO」


image1 (3).jpg「憎しみがなくなる日は来ますか」
すべてが終わった後、遺されたプルートゥの腕を見上げながらお茶の水博士に問うアトム。
「モンブランもノース2号もヘラクレスもブランドもエプシロンも・・・ゲジヒトも、プルートゥも。みんな祈ってます。そんな日が来ることを」


シアターコクーン・オンレパートリー2018
手塚治虫生誕90周年記念
鉄腕アトム「地上最大のロボット」より
「プルートゥ  PLUTO」
原作: 浦沢直樹 × 手塚治虫
演出・振付: シディ・ラルビ・シェルカウイ
プロデュース: 長崎尚志   監修: 手塚眞
上演台本: 谷賢一  映像・装置: 上田大樹   照明: ウィリー・セッサ
出演: 森山未來  土屋太鳳  大東駿介  吉見一豊  吹越満  柄本明
上月一臣  大植真太郎  池島優  大宮大奨  渋谷亘宏  
AYUMI  湯浅永麻  森井淳  笹本龍史

2018年3月13日(火)2:00pm 森ノ宮ピロティホール B列(1列目)センター
(上演時間: 3時間/休憩 20分)


人間とロボットが共存する時代。
世界最高水準のロボットが破壊される事件が次々と起こり、刑事ロボット・ゲジヒト(大東駿介)は、自分を含めた7体が標的になっていることを知ります。7体は5年前、泥沼化した第39次中央アジア戦争を収束させるため招集されたメンバーでした。ゲジヒトは日本へ向かい、7体の一人であり人間に限りなく近い存在であるロボット・アトム(森山未來)と共に事件の謎を追い、内戦で家族を失った世界最高峰の頭脳を持つ科学者アブラー(吹越満)と接触します。
一方、悲しみを察知する能力を持つアトムの妹・ウラン(土屋太鳳)は、廃墟の壁に花畑の絵を描く不思議な男と出会います・・。


2015年に上演された作品で、アトムの森山未來くん、 お茶の水博士の吉見一豊さん、天馬博士の柄本明さん以外のキャストを一新しての再演です(2015年版の感想はこちら)。
映像、舞台美術、芝居、ダンサーや役者さん自身の肉体を含めて様々な表現方法の融合が舞台をつくり上げる演出は3年経っても色あせることなく刺激的。
初見の時と違って今回は、演出に目を奪われたり、登場人物のキャラクターや人間関係に腐心しないですむ分、より深く物語に入り込んで観ることができました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:25| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする