2018年03月19日

そんなの、これから知ればいいことでしょうがぁ 「ヒッキー・ソトニデテミターノ」


hickey.jpg2012年 ハイバイ主宰の岩井秀人さんが初めてパルコ劇場に進出して吹越満さん主演で上演した「ヒッキー・ソトニデテミターノ」。
あの時、チケット取っていたのに諸般の事情で観に行けなくて、後々まで悔んだものです。
今回、劇団の公演として岩井秀人さん自ら主演されると聞いて、とても楽しみにしていました。

ハイバイの処女作にして代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」(2015年に観た感想はこちら)の続編という位置づけの作品です。


ハイバイ 「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
作・演出: 岩井秀人
出演: 岩井秀人  平原テツ  田村健太郎  チャン・リーメイ
能島瑞穂  高橋周平  藤谷理子  猪股俊明/古舘寛治

2018年3月9日(金) 2:00pm アイホール 1列センター(全席自由席)
(上演時間: 2時間)



物語: 13歳から10年間、自室にひきこもり、両親(平原テツ・能島瑞穂)とも顔を会わせたがらず狂暴で暴力もふるう鈴木太郎(田村健太郎)。
いろいろなことをうまく説明できないことが醜態であり完璧でないと感じて28年間ひきこもっている48歳の斉藤和夫(古舘寛治)。
2人が入ることになる自立支援センターの相談員 黒木(チャン・リーメイ)のアシスタントで、かつては自身もひきこもりだった森田登美男(岩井秀人)。
3人のひきこもりの青年と彼らの家族が描かれます。


周りを枠のような四角い通路で囲った舞台。
その中にテーブルや椅子やおもちゃや、様々なものが雑多に置かれています。
そこに岩井さんが登場して前説(あの飴の包み紙のカシャカシャ音とか)をしている間に役者さんたちがわらわらと登場して開演です。

太郎と両親の場面に始まって、黒木と登美男が和夫の家を訪ねる場面、太郎と和夫が施設に入ってからの場面、と時系列に続く中に登美男がひきこもっていた過去のエピソードが織り込まれ、それらがシームレスに展開していきます。

不思議な感覚でした。
フラッシュバックのように織り込まれる登美男の過去が、すべて「ヒッキー・カンクーントルネード」で観た場面で、観るまでは忘れていたのに、場面はもちろん、それを観た時の感情までありありと甦ってきました。
「カンクーントルネード」→「ソトニデテミターノ」という順で作品がつくられたので、この順番で観たのが正解だったのかもしれません。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする