2018年03月14日

6年目のデビュー 「ラ・フェット ひらまつ」


image1 (4).jpg

ひらまつといえば、平松宏之シェフが西麻布で始めたフランス料理店で、パリにも出店して、今や日本全国にたくさんのお店やホテルまで持つ一大チェーンレストランの様相ですが、大阪に1号店が開店したのは、2012年12月。中之島にフェスティバルタワーがオープンした年でした。もう6年も前になるのね。

オープン当初から大人気ですぐに予約が取りにくいレストランになって、少し落ち着いたらね・・・と思いながら行けないままになっていました。
本日、ありがたいことにお招きいただいたディナー会場が「ラ・フェットひらまつ」で、それまで「ちょっと肩のこる会食だなぁ」と若干乗り気でなかった気分が一気にアガり(笑)ホイホイ喜んで行って参りました。


ラ・フェット ひらまつ
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー 37F
tel: 06-6233-1139


フェスティバルホールや朝日新聞大阪本社が入っている中之島フェスティバルタワーの最上階 37階にあります。地上200メートルからのパノラマビュー。
店名の「ラ・フェット(La Fête)」はフランス語で「お祭り」という意味だそうです。

結婚披露宴も催されるような大箱のダイニングで、インテリアデザインは、大地真央さんの旦那様でもある森田恭通さんが手がけられたそうです。
9名の会食ということで個室でいただいたのですが(冒頭の画像)、黄色い大きなライトは「月」をイメージしたものだとか。



続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする