2018年03月11日

悪いことがしたい いい子でいたい 月組 「BADDY」


baddy.jpg2013年 「月雲の皇子 -衣通姫伝説より-」で演出家としてデビュー以来、すべての作品がハイクオリティでヒット連発のストーリーメイカー 上田久美子先生が初めて手がけたショー。

ストーリー仕立てでいささかぶっ飛んだ面もあって、「わけわかんない」とか「宝塚のショーらしくない」という向きもあるようですが、最初に言っておきたいのは、私はこのショーが大好きということです。
エネルギッシュで斬新で、でもちゃんと宝塚のショー。
まさに、「上田久美子がつくればショーもこうなる」という感じ。


宝塚歌劇 月組公演
ショー・テント・タカラヅカ
「BADDY -悪党(ヤツ)は月からやって来る-」
作・演出: 上田久美子
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  綾月せり  
宇月颯  紫門ゆりや   早乙女わかば   月城かなと  暁千星 ほか

2018年2月15日(木) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列下手/
3月10日(土) 11:00am 1階3列センター (上演時間:55分)



世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット地球の首都 TAKARAZUKA-CITY。ここに、月に逃げていた大悪党バッディ(珠城りょう)が帰ってくるところから物語は始まります。
束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにします。彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディ(愛希れいか)が彼を追いつめます。


悪とされる事象がすべて排除され、愛と平和に満ちたピースフルプラネット。
子どもたちは「ワルイ」という言葉の意味さえ知りません。
この時点で、ここがディストピア感たっぷりの未来型管理社会だと想像がつきます。
しかもこの平和な社会が「103年」続いていて首都の名前が「タカラヅカシティ」って、上田先生が込めたアイロニーですか?と思うのはうがち過ぎでしょうか。

「天国なんて行きたくない 天国なんて じぃさんたちのたまり場だろ」と歌うバッディ。
「悪」はすべて消滅し、「善」と「正しいこと」だけの清潔な世界・・・そんなの、つまんねぇだろ?という問いかけに貫かれたストーリー。


続きがあります
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする