2018年03月10日

合言葉はブレイクスルー! 月組 「カンパニー」


company.jpg月組公演は昨年出版されたばかりの小説が原作の現代劇と上田久美子先生 初演出ショーの2本立て。

お芝居はサブタイトルが長い上に、タイトルが「カンパニー」なのにサブタイトルにまた「仲間たち(カンパニー)」って入るとかセンス疑うわ~と思っていたところへこのポスターが発表されて、「ダサダサやん」とがっくりしたものです。
が、意外にも、といっては失礼ながら、どちらも楽しかったです。
特にショーは、タカラヅカにとって、エポックメイキングな作品の一つに数えられるのではないかしら。


宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル・プレイ
「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」
原作: 伊吹有喜 『カンパニー』
脚本・演出: 石田昌也
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  綾月せり  
宇月颯  紫門ゆりや   早乙女わかば   月城かなと  暁千星/京三紗 ほか

2018年2月15日(木) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列下手/
3月10日(土) 11:00am 1階3列センター 
(上演時間: 1時間35分)



物語: 製薬会社 総務部勤務のサラリーマン 青柳誠二(珠城りょう)は2年前に妻を亡くして一人暮らし。同僚で陸上選手のトレーナー 瀬川由衣(海乃美月)をかばったため2人一緒に社長の娘 紗良(早乙女わかば)がプリマを勤めるバレエ団に出向を命じられます。青柳が全く門外漢のバレエ団で、世界的プリンシパル 高野悠(美弥るりか)が踊る「新解釈版・白鳥の湖」の公演を成功に導くため、様々な困難を乗り越え奮闘する姿を、バレエ団のアンダースタディ 高崎美波(愛希れいか)との淡い恋もからめて描きます。


石田先生の脚本は説明台詞多くて、あまり笑えないゆる~いギャグや時事ネタの挿入も相変わらずですが、原作がしっかりしているのでストーリーの面白さで持って行った感じでしょうか。
会社合併やリストラといった環境、青柳さんのサラリーマンぶりや、上司(紫門ゆりや)・後輩(輝月ゆうま)の会話が結構リアリティあって「そうそう、会社ってあんな感じだよなぁ」と思いました(ま、実際にはあんな小ギレイな部長も男性社員もめったに見かけるものではありませんけれども)。
バレエ団の実情もやっぱりそうなのねぇと思ったり。チケットノルマとか、「お金出す人がいい役をもらえる」とか・・・某TK歌劇団もそんな感じ?


続きがあります
posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする