2018年03月08日

裁くことは正しく話すこと 「TERROR テロ」

 
terror.jpg「『裁くこと』はドイツ語の『正しく話す』からきています。先入観を持たず、ここで見聞きした情報だけで判断してください」

今井朋彦さん扮する裁判長が、客席の私たち-参審員に静かに語りかけて、裁判が開廷します。
弁護士と検察官がそれぞれの正義を賭けて丁々発止の論戦を繰り広げる裁判。
その判決の行方を決するのは、私たち参審員の投じる一票。


「TERROR テロ」
作: フェルディナント・フォン・シーラッハ
翻訳: 酒寄進一
演出: 森新太郎
出演: 橋爪功  今井朋彦  松下洸平  前田亜季  堀部圭亮  原田大輔  神野三鈴

2018年2月18日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター (上演時間: 3時間/休憩15分・評決のための休憩 15分)



有罪か無罪か。
参審員である私たちが判断を迫られる事件はとても厳しく重い。

被告人はドイツ空軍のラース・コッホ少佐(松下洸平)。
罪状は殺人罪。

2013年7月26日 ミュンヘン発ベルリン行きのルフトハンザ航空旅客機がテロリストによってハイジャックされ、テロリストたちはイングランド VS ドイツのサッカーの試合が行われているスタジアムに突っ込むと予告します。旅客機の乗客は164人。スタジアムの観客は7万人。
ドイツ空軍パイロットであるラース・コッホ少佐は規定通りの警告行動を行ったものの犯人からの反応はなく、最終的に独断でこの旅客機を撃墜しました。7万人の観客の命を守るために。164人の命を犠牲にして。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする