2018年03月01日

誰のためでもない 私のため 「アンチゴーヌ」


antigone.jpgフランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品ということですが未読。
タイトルロールのアンチゴーヌは古代ギリシャ・テーバイの王オイディプス王の娘・・・と知って、「!!」
そうか、あの時(一番直近に観た「オイディプス王」が宝塚歌劇だったので)目が見えなくなった轟さんの手を引いていた2人の娘のうちの1人がアンチゴーヌで、みつるくん(華形ひかる)がやってたのが生瀬さんの役ね!となりました。
(ジェンヌさんの名前で言うのやめなさい。)


パルコプロデュース2018  「アンチゴーヌ」
作: ジャン・アヌイ
翻訳: 岩切正一郎
演出: 栗山民也
出演: 蒼井優  生瀬勝久  梅沢昌代  伊勢佳世  佐藤誓  
渋谷謙人  富岡晃一郎  高橋紀恵  塚瀬香名子

2018年2月10日(土) 1:00pm ロームシアター京都 
サウスホール舞台上特設ステージ Dブロック1列
(上演時間: 2時間10分)



物語: オイディプス王亡き後、2人の息子が王位争いの末、刺し違えてこの世を去りますが、兄のエテオークルが手厚く弔われる一方、弟のポリニスは反逆者としてその遺体は野ざらしのまま放置され、埋葬することを禁じられていました。オイディプス王の弟である現王クレオン(生瀬勝久)はこれに背く者があれば死刑にするよう命じていました。ところが、オイディプスの末娘アンチゴーヌ(蒼井優)は夜中に城を抜け出し、兄 ポリニスの遺体に弔いの土をかけます。捕えられ、クレオンの前に引き出されるアンチゴーヌ。彼女はクレオンにとって姪であり、息子エモン(渋谷謙人)の婚約者でもありました・・・。


十字状の通路のような舞台を客席が取り囲むよう配置された特設舞台。
左右に延びた長辺の両端に椅子が一脚ずつあるだけの空間。
私の席から向かって左側の椅子が右側の椅子に比べて豪華で玉座を表わしているのかな?と思っていたら、果たして、登場したクレオンがそこに座ったのでした。

冒頭、序詞(高橋紀恵)が登場して、登場人物やそれぞれの立場を説明し、この物語が悲劇であることを観客周知の中で舞台は始まります。

咳をするのも憚られるような緊密な空間で展開される激しく濃密な台詞劇。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする