2018年03月08日

裁くことは正しく話すこと 「TERROR テロ」

 
terror.jpg「『裁くこと』はドイツ語の『正しく話す』からきています。先入観を持たず、ここで見聞きした情報だけで判断してください」

今井朋彦さん扮する裁判長が、客席の私たち-参審員に静かに語りかけて、裁判が開廷します。
弁護士と検察官がそれぞれの正義を賭けて丁々発止の論戦を繰り広げる裁判。
その判決の行方を決するのは、私たち参審員の投じる一票。


「TERROR テロ」
作: フェルディナント・フォン・シーラッハ
翻訳: 酒寄進一
演出: 森新太郎
出演: 橋爪功  今井朋彦  松下洸平  前田亜季  堀部圭亮  原田大輔  神野三鈴

2018年2月18日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター (上演時間: 3時間/休憩15分・評決のための休憩 15分)



有罪か無罪か。
参審員である私たちが判断を迫られる事件はとても厳しく重い。

被告人はドイツ空軍のラース・コッホ少佐(松下洸平)。
罪状は殺人罪。

2013年7月26日 ミュンヘン発ベルリン行きのルフトハンザ航空旅客機がテロリストによってハイジャックされ、テロリストたちはイングランド VS ドイツのサッカーの試合が行われているスタジアムに突っ込むと予告します。旅客機の乗客は164人。スタジアムの観客は7万人。
ドイツ空軍パイロットであるラース・コッホ少佐は規定通りの警告行動を行ったものの犯人からの反応はなく、最終的に独断でこの旅客機を撃墜しました。7万人の観客の命を守るために。164人の命を犠牲にして。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

たまにはご近所カフェもね @あいいろ


aiiro1.jpg

なかなか行く機会がないご近所カフェ(家の近くまで来たらとっとと帰ってきちゃうから)。
先週末は時間にゆとりがあって、以前から電車の窓から眺めて興味あったこちらでのんびりお茶しました。


器とカフェ あいいろ
大阪市住吉区帝塚山中3-8-3   
tel: 06-6615-9738 

阪堺電車 帝塚山三丁目駅の前にあります。
お店の中でテーブルについていてガラス張りの窓やドア越しに目の前の停留所にとまるちん電の客席までよく見えました。私が電車から見ているの、お店からはあんなふうに見えてたんだ、と思ったり(^^ゞ


器はすべて沖縄の伝統的な焼き物「やむちん」で、沖縄まで行って直接買い付けしていらっしゃるそうです。店名の「あいいろ」もやちむんの代表的な色から取ったのかしら。
店内にはギャラリーのようにいろいろなやむちんの器が並んでいて、販売もされています。



image2 (2).jpg

抹茶とあんこのフレンチトースト
フレンチトーストはたくさん種類があって迷いましたが、伺った日がおひな祭りでしたので和テイストで。
ふわっふわで甘さ控えめのフレンチトーストに抹茶アイスとあんこと生クリームがよく合って、とてもおいしくいただきました。
ハンドドリップで丁寧に淹れられたコーヒーも味わい豊か。
器もやっぱり素敵でした。



image3 (3).jpg

黒板に書いてあった「旬の野菜をふんだんに使った30品目のあいいろランチ」(詳しいメニューつき)がとてもおいしそうだったので、次回はぜひともランチタイムに伺いたいと思います。



と言いつつ、おなかすいてたら急いで家に帰っちゃうんだなぁ のごくらく地獄度 (total 1884 vs 1889 )


posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

DONE!


image1 (2).jpg本日は午後から自室にこもって確定申告書作成。

私は毎年確定申告するという訳ではないのですが、平成29年度は収入も支出もイレギュラーかつ高額かつ煩雑かつ初めてのケースというのが何件かあって、税理士の先生に相談したり、管轄税務署の申告相談に出向いたり(激混みで1時間位並んで待ったよ💦)しました。

疑問点、不明点さえクリアになれば申告書の作成自体は国税庁ホームページからサクサクできるし自動計算してくれるのでそれほど大変なことではありません・・・が、今回から医療費控除の領収書が提出不要となったといっても明細書を作成するために1件ずつ入力する必要があるから面倒なところは大して変わらないかな。

以前 twitter で流行っていた「△△だん!」という言葉はすっかり陳腐になってしまった感ありますが、ほぼ半日費やして申告書が完成、首尾よく還付となった時は「DONE!」と思いましたわよ。



この週末で今月のマスト案件2つクリア がんばったワタシ のごくらく度 (total 1883 vs 1888 )


posted by スキップ at 22:14| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

夢と希望をマルーンに乗せて 「マルーンの長いみち ~小林一三物語~」


maroon.jpg大学時代の4年間、梅田から阪急電車で通学していました。
あの頃、一番好きだったデパートは阪急百貨店。
京都に行くのも神戸へ行くのも、阪急電車。
もちろん宝塚に通うのも。
ファミリーランドも動物園も大好き。
ブレーブスファンではなかったけれど、西宮球場にはよく行ったなぁ。

小林一三さんが遺してくれたたくさんのものたち、とても身近に過ごしてきました。


兵庫県立ピッコロ劇団第60回公演 
ピッコロシアタープロデュース
「マルーンの長いみち ~小林一三物語~」
作: 古川貴義
演出: マキノノゾミ
出演: 瀬川亮  若杉宏二  平みち/平井久美子  今井佐知子  岡田力  木全晶子  菅原ゆうき  孫高宏  橘義  野秋裕香  浜崎大介  三坂賢二郎  森万紀  森好文  吉村祐樹 ほか

2018年2月24日(土) 11:00am 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



物語は明治半ば。三井銀行大阪支店に勤めていた頃の若き日の一三さんの家を新旧2人の支店長が訪ねる場面から始まります。
無断欠勤した理由が馴染みの芸妓さんと有馬温泉に行っていたことが発覚し、結婚したばかりの奥様は実家に帰ってしまったのでした。その芸妓さん コウさんと結婚し、周囲の反対や数々の困難を乗り越えて34歳で阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道を設立、第1号電車を走らせます。その後も沿線の宅地開発や宝塚歌劇団の前身・宝塚唱歌隊の結成など独創的なアイデアで次々と事業を拡大していくのでした・・・。


小林一三さんの知っている逸話も初めて知るエピソードも含めてとてもおもしろく、笑いを散りばめながらも人間臭い、熱い思いが伝わってくる舞台でした。
一三さんの恩師でもある北浜銀行頭取の岩下清周、親友で電力の鬼と言われた松永安左エ門、はたまた与謝野晶子など、教科書の中で知っていた人物が登場するのもリアリティがあって、一三さんの業績以外にも生駒トンネル工事の折の落盤事故といった史実もまじえられ、脚色が加えられているとはいえ「真実」が訴える力の凄味を感じました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

誰のためでもない 私のため 「アンチゴーヌ」


antigone.jpgフランスの劇作家ジャン・アヌイの代表的悲劇作品ということですが未読。
タイトルロールのアンチゴーヌは古代ギリシャ・テーバイの王オイディプス王の娘・・・と知って、「!!」
そうか、あの時(一番直近に観た「オイディプス王」が宝塚歌劇だったので)目が見えなくなった轟さんの手を引いていた2人の娘のうちの1人がアンチゴーヌで、みつるくん(華形ひかる)がやってたのが生瀬さんの役ね!となりました。
(ジェンヌさんの名前で言うのやめなさい。)


パルコプロデュース2018  「アンチゴーヌ」
作: ジャン・アヌイ
翻訳: 岩切正一郎
演出: 栗山民也
出演: 蒼井優  生瀬勝久  梅沢昌代  伊勢佳世  佐藤誓  
渋谷謙人  富岡晃一郎  高橋紀恵  塚瀬香名子

2018年2月10日(土) 1:00pm ロームシアター京都 
サウスホール舞台上特設ステージ Dブロック1列
(上演時間: 2時間10分)



物語: オイディプス王亡き後、2人の息子が王位争いの末、刺し違えてこの世を去りますが、兄のエテオークルが手厚く弔われる一方、弟のポリニスは反逆者としてその遺体は野ざらしのまま放置され、埋葬することを禁じられていました。オイディプス王の弟である現王クレオン(生瀬勝久)はこれに背く者があれば死刑にするよう命じていました。ところが、オイディプスの末娘アンチゴーヌ(蒼井優)は夜中に城を抜け出し、兄 ポリニスの遺体に弔いの土をかけます。捕えられ、クレオンの前に引き出されるアンチゴーヌ。彼女はクレオンにとって姪であり、息子エモン(渋谷謙人)の婚約者でもありました・・・。


十字状の通路のような舞台を客席が取り囲むよう配置された特設舞台。
左右に延びた長辺の両端に椅子が一脚ずつあるだけの空間。
私の席から向かって左側の椅子が右側の椅子に比べて豪華で玉座を表わしているのかな?と思っていたら、果たして、登場したクレオンがそこに座ったのでした。

冒頭、序詞(高橋紀恵)が登場して、登場人物やそれぞれの立場を説明し、この物語が悲劇であることを観客周知の中で舞台は始まります。

咳をするのも憚られるような緊密な空間で展開される激しく濃密な台詞劇。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする