2018年03月19日

そんなの、これから知ればいいことでしょうがぁ 「ヒッキー・ソトニデテミターノ」


hickey.jpg2012年 ハイバイ主宰の岩井秀人さんが初めてパルコ劇場に進出して吹越満さん主演で上演した「ヒッキー・ソトニデテミターノ」。
あの時、チケット取っていたのに諸般の事情で観に行けなくて、後々まで悔んだものです。
今回、劇団の公演として岩井秀人さん自ら主演されると聞いて、とても楽しみにしていました。

ハイバイの処女作にして代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」(2015年に観た感想はこちら)の続編という位置づけの作品です。


ハイバイ 「ヒッキー・ソトニデテミターノ」
作・演出: 岩井秀人
出演: 岩井秀人  平原テツ  田村健太郎  チャン・リーメイ
能島瑞穂  高橋周平  藤谷理子  猪股俊明/古舘寛治

2018年3月9日(金) 2:00pm アイホール 1列センター(全席自由席)
(上演時間: 2時間)



物語: 13歳から10年間、自室にひきこもり、両親(平原テツ・能島瑞穂)とも顔を会わせたがらず狂暴で暴力もふるう鈴木太郎(田村健太郎)。
いろいろなことをうまく説明できないことが醜態であり完璧でないと感じて28年間ひきこもっている48歳の斉藤和夫(古舘寛治)。
2人が入ることになる自立支援センターの相談員 黒木(チャン・リーメイ)のアシスタントで、かつては自身もひきこもりだった森田登美男(岩井秀人)。
3人のひきこもりの青年と彼らの家族が描かれます。


周りを枠のような四角い通路で囲った舞台。
その中にテーブルや椅子やおもちゃや、様々なものが雑多に置かれています。
そこに岩井さんが登場して前説(あの飴の包み紙のカシャカシャ音とか)をしている間に役者さんたちがわらわらと登場して開演です。

太郎と両親の場面に始まって、黒木と登美男が和夫の家を訪ねる場面、太郎と和夫が施設に入ってからの場面、と時系列に続く中に登美男がひきこもっていた過去のエピソードが織り込まれ、それらがシームレスに展開していきます。

不思議な感覚でした。
フラッシュバックのように織り込まれる登美男の過去が、すべて「ヒッキー・カンクーントルネード」で観た場面で、観るまでは忘れていたのに、場面はもちろん、それを観た時の感情までありありと甦ってきました。
「カンクーントルネード」→「ソトニデテミターノ」という順で作品がつくられたので、この順番で観たのが正解だったのかもしれません。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

兵芸チケ取り事情


hyogei201803.jpg

本日は兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて「岸 リトラル」を観劇しました。
兵芸中ホールといえば、目下のところ演劇を観るのに私が最も好きな劇場です。
この1ヵ月以内でも、「TERROR テロ」(2/18) 「マルーンの長いみち」(2/24) 「シャンハームーン」(3/14) 「岸 リトラル」(3/17) と4回も行っています(ほぼ週イチペース(^^ゞ)

しかもこの4回、すべてA列(最前列)センターで観ました。
兵芸は同じ日に先行予約が2本、3本と重なっていることがデフォで、「これで全部最前列取れるって、ワタシすごくない?」となかなかご満悦でした。
昨年、兵芸のサイトがリニューアルしたことと、自宅のネット環境をより容量が大きく速度も速いものにバージョンアップしたので、本当に繋がるのが速くなって、先行予約開始の10:00早々にチケット取れることもしばしばでした。


そして今日ですよ。

本日10:00開始の先行で私が取ろうと思っていたチケットは「夢の裂け目」と「HANAGATA狂言2018」。
白井晃さん演出・草彅剛くん主演の「バリーターク」にも興味はありましたが、日程的にキビしく、内容的にも苦手感漂っていたのでスルーすることにして。

・・・兵芸の先行予約でこんなに長い時間繋がらなかったの初めて、っていうくらい繋がりませんでした。
やっと繋がったのは10:20ごろだったでしょうか。
おそるべし、Jの威力(元、だけど)。


私は兵芸中ホールの座席には結構こだわりがあって、というのも、この劇場はE列までがフラットで、運悪く前に大きな人が来たりすると舞台とカブってしまうことがあるので、A列が取れないのであればB列とかC列は論外で、次はG列と決めています。E-F間よりF-G間の方が段差が大きいのでG列だととても見通しがよくてストレスフリーでおススメです。
ただし、演目によってやはり前で観たいという場合は、左右サイドの一番センターブロック寄り通路側席・・・席番で言うと8番か23番が好き(それより1席でも中に入るのはイヤ)なのですが、今回もBやC列あたりで希望の席が取れたのでまぁよしとします。



来月の先行では、「マクガワン・トリロジー」「大人のけんかが終わるまで」「ザ・空気 ver.2」「消えていくなら朝」あたりが重なると思われ、悩ましさは尽きません(そんなに全部観なくてもよろしい) の地獄度 (total 1887 vs 1891 )


posted by スキップ at 23:34| Comment(4) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

6年目のデビュー 「ラ・フェット ひらまつ」


image1 (4).jpg

ひらまつといえば、平松宏之シェフが西麻布で始めたフランス料理店で、パリにも出店して、今や日本全国にたくさんのお店やホテルまで持つ一大チェーンレストランの様相ですが、大阪に1号店が開店したのは、2012年12月。中之島にフェスティバルタワーがオープンした年でした。もう6年も前になるのね。

オープン当初から大人気ですぐに予約が取りにくいレストランになって、少し落ち着いたらね・・・と思いながら行けないままになっていました。
本日、ありがたいことにお招きいただいたディナー会場が「ラ・フェットひらまつ」で、それまで「ちょっと肩のこる会食だなぁ」と若干乗り気でなかった気分が一気にアガり(笑)ホイホイ喜んで行って参りました。


ラ・フェット ひらまつ
大阪市北区中之島2-3-18
中之島フェスティバルタワー 37F
tel: 06-6233-1139


フェスティバルホールや朝日新聞大阪本社が入っている中之島フェスティバルタワーの最上階 37階にあります。地上200メートルからのパノラマビュー。
店名の「ラ・フェット(La Fête)」はフランス語で「お祭り」という意味だそうです。

結婚披露宴も催されるような大箱のダイニングで、インテリアデザインは、大地真央さんの旦那様でもある森田恭通さんが手がけられたそうです。
9名の会食ということで個室でいただいたのですが(冒頭の画像)、黄色い大きなライトは「月」をイメージしたものだとか。



続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

春を告げる香り


image1 (2).jpg

たとえば梅の花だったりふきのとうだったり、いかなごのくぎ煮だったり花粉症だったり(笑)、
春の到来を感じるものは人それぞれですが、私は断然こちら・・・沈丁花の香りです。

小学生のころ、仲良しでよく遊びに行った友だち-えっちゃんの家のお庭は、木々があふれてかくれんぼもできるようなとても広いお庭でした。
いつもこのお庭で走り回って遊んでいたのですが、ある時、とても甘くてよい香りが漂ってくるのに気づきました。2人してその香りをたよりにお庭の中を捜し歩いてこの木を発見。
季節はまだ少し寒さの残る春。後で「沈丁花」だと教えられました。

以来、毎年この香りがするようになると「春が来たな」と感じます。

画像はご近所のお宅の門前に咲いていたもの。
少し前からいい香りがするなと思っていたら、もう満開でした。
まるで春が駆け足でやってくるようです。



そして花粉もいっぱいやってくる の地獄度 (total 1886 vs 1890 )

posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

悪いことがしたい いい子でいたい 月組 「BADDY」


baddy.jpg2013年 「月雲の皇子 -衣通姫伝説より-」で演出家としてデビュー以来、すべての作品がハイクオリティでヒット連発のストーリーメイカー 上田久美子先生が初めて手がけたショー。

ストーリー仕立てでいささかぶっ飛んだ面もあって、「わけわかんない」とか「宝塚のショーらしくない」という向きもあるようですが、最初に言っておきたいのは、私はこのショーが大好きということです。
エネルギッシュで斬新で、でもちゃんと宝塚のショー。
まさに、「上田久美子がつくればショーもこうなる」という感じ。


宝塚歌劇 月組公演
ショー・テント・タカラヅカ
「BADDY -悪党(ヤツ)は月からやって来る-」
作・演出: 上田久美子
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  綾月せり  
宇月颯  紫門ゆりや   早乙女わかば   月城かなと  暁千星 ほか

2018年2月15日(木) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列下手/
3月10日(土) 11:00am 1階3列センター (上演時間:55分)



世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット地球の首都 TAKARAZUKA-CITY。ここに、月に逃げていた大悪党バッディ(珠城りょう)が帰ってくるところから物語は始まります。
束縛を嫌うバッディは手下たちを率い、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにします。彼の最終目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンクに眠る惑星予算を盗み出すこと。しかし、万能の女捜査官グッディ(愛希れいか)が彼を追いつめます。


悪とされる事象がすべて排除され、愛と平和に満ちたピースフルプラネット。
子どもたちは「ワルイ」という言葉の意味さえ知りません。
この時点で、ここがディストピア感たっぷりの未来型管理社会だと想像がつきます。
しかもこの平和な社会が「103年」続いていて首都の名前が「タカラヅカシティ」って、上田先生が込めたアイロニーですか?と思うのはうがち過ぎでしょうか。

「天国なんて行きたくない 天国なんて じぃさんたちのたまり場だろ」と歌うバッディ。
「悪」はすべて消滅し、「善」と「正しいこと」だけの清潔な世界・・・そんなの、つまんねぇだろ?という問いかけに貫かれたストーリー。


続きがあります
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

合言葉はブレイクスルー! 月組 「カンパニー」


company.jpg月組公演は昨年出版されたばかりの小説が原作の現代劇と上田久美子先生 初演出ショーの2本立て。

お芝居はサブタイトルが長い上に、タイトルが「カンパニー」なのにサブタイトルにまた「仲間たち(カンパニー)」って入るとかセンス疑うわ~と思っていたところへこのポスターが発表されて、「ダサダサやん」とがっくりしたものです。
が、意外にも、といっては失礼ながら、どちらも楽しかったです。
特にショーは、タカラヅカにとって、エポックメイキングな作品の一つに数えられるのではないかしら。


宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル・プレイ
「カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-」
原作: 伊吹有喜 『カンパニー』
脚本・演出: 石田昌也
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  綾月せり  
宇月颯  紫門ゆりや   早乙女わかば   月城かなと  暁千星/京三紗 ほか

2018年2月15日(木) 11:00am 宝塚大劇場 1階26列下手/
3月10日(土) 11:00am 1階3列センター 
(上演時間: 1時間35分)



物語: 製薬会社 総務部勤務のサラリーマン 青柳誠二(珠城りょう)は2年前に妻を亡くして一人暮らし。同僚で陸上選手のトレーナー 瀬川由衣(海乃美月)をかばったため2人一緒に社長の娘 紗良(早乙女わかば)がプリマを勤めるバレエ団に出向を命じられます。青柳が全く門外漢のバレエ団で、世界的プリンシパル 高野悠(美弥るりか)が踊る「新解釈版・白鳥の湖」の公演を成功に導くため、様々な困難を乗り越え奮闘する姿を、バレエ団のアンダースタディ 高崎美波(愛希れいか)との淡い恋もからめて描きます。


石田先生の脚本は説明台詞多くて、あまり笑えないゆる~いギャグや時事ネタの挿入も相変わらずですが、原作がしっかりしているのでストーリーの面白さで持って行った感じでしょうか。
会社合併やリストラといった環境、青柳さんのサラリーマンぶりや、上司(紫門ゆりや)・後輩(輝月ゆうま)の会話が結構リアリティあって「そうそう、会社ってあんな感じだよなぁ」と思いました(ま、実際にはあんな小ギレイな部長も男性社員もめったに見かけるものではありませんけれども)。
バレエ団の実情もやっぱりそうなのねぇと思ったり。チケットノルマとか、「お金出す人がいい役をもらえる」とか・・・某TK歌劇団もそんな感じ?


続きがあります
posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする