2018年03月31日

たとえ 「シャンハイムーン」 は書けなくても


shanghaimoon.jpg私の父は本を読むのが好きで、夜、家族がテレビを見ている傍らでいつも静かに本を読んでいる、というのが幼い頃の父の記憶。
娘も読書好きにしたかったのか、幼少時代から50巻以上の文学全集や様々な作家の本を買い与えてくれて、お陰で高校生になる頃には国内外を問わず著名な作家の代表作と言われる作品はほとんど読んでいる、という有り難い青春時代を過ごしました。

そんな父が買ってくれた一冊が「阿Q正伝」。
「阿Qって何よ?オバQみたい」と思ったことくらいしか記憶にありませんが、これが私が魯迅という作家を知った最初でした。中学1年生の時です。
魯迅の思想や日本、あるいは中国共産党とのかかわり、蒋介石率いる国民党政府との確執などを知ったのはずっと後になってから。
そんな魯迅の、最晩年のひと夏の物語。


こまつ座&世田谷パブリックシアター  「シャンハイムーン」
作: 井上ひさし 
演出: 栗山民也 
音楽: 宇野誠一郎 
美術: 二村周作   照明: 服部基   映像: 上田大樹  
出演: 野村萬斎  広末涼子  鷲尾真知子  土屋佑壱  山崎一  辻萬長

2018年3月14日(水) 1:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階A列センター  (上演時間: 3時間5分/休憩 15分)



物語の舞台は昭和9年(1934)夏の上海。
中国の偉大な文学者であり思想革命の指導者でもあった魯迅(野村萬斎)は蒋介石の国民党政府によって逮捕令が出され、妻の許広平(広末涼子)、息子とともに日本租界で書店を営む内山完造・みき夫妻(辻萬長・鷲尾真知子)のもとに匿われます。長い逃亡生活と不摂生、さらには医者嫌いから健康が損なわれていた魯迅のために、夫妻は医師の須藤(山崎一)、歯科医の奥田(土屋佑壱)にそれと悟られぬよう治療させようとします。さらには、魯迅を安全な日本で養生させようと考えますが・・・。


内山書店二階の一室で繰り広げられる物語。
大きな窓の向こうには、その時々に姿を変える大きな月。
まるで人間の日々の営みを見守っているよう。
折しもこの公演が金沢で大千穐楽を迎える今日 3月31日は満月。何て素敵な符合でしょう。

井上ひさしさんの戯曲にしては珍しく歌も踊りもなくて、全編台詞のみで展開します。
その分、言葉を駆使した台詞劇としての濃密さが印象的。
失語症に陥った魯迅がいろいろ言い間違えて、それを広平が即座に理解して正しく言い換える、という場面があって、まるで言葉遊びのようで思わず笑ってしまったのですが、言葉を大切にした井上さんらしくて、言葉ってちょっとした音の違いだけでこんなにも別の表情を持つことに感じ入りました。


続きがあります
posted by スキップ at 21:56| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

桜コレクション 2018


cherryblossom2018.jpeg

開花宣言が出されたと思ったら、好天続きであっという間に満開になって、もう花吹雪が舞い始めた今年の桜。ニュースで千鳥ヶ淵の映像を見て、「そういえば去年は桜が満開の時期に東京にいたなぁ。千鳥ヶ淵にも行ったなぁ」と少し感概にふけるなど。

人混みも宴会も苦手なのでわざわざお花見に出かけることはないのですが、やはりこの時期、桜が咲いているところを通ると思わず足を止めてしまいます。

冒頭の画像は3月25日に四天王寺の境内で盛大に咲いていた枝垂れ桜。
お彼岸に少し遅れてお墓参りに行ったお陰でこんなに見事な桜を見ることができました。


image2 (3).jpg

こちらは少し近づいたショット。



image1 (5).jpg image2 (6).jpg

いつものお散歩コースの近所の公園。
水辺に桜ってどうしてこんなに似合うのかしら。



続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

研究室という名前のサンドイッチ屋さん JUiCY'S LABORATORY


image1 (2).jpg

土曜日は朝イチに肥後橋あたりで仕事があって、映画までに少し時間があったので、靭公園までテクテク歩いて以前から興味があったこちらのお店でランチしました。


JUiCY'S LABORATORY (ジューシーズ ラボラトリー)
大阪市西区靱本町2-6-15
tel: 06-7508-5684


靭公園のウエストエリア テニスセンターの南側にあるサンドイッチ屋さん。

キッチンカーで各地を回る移動販売のケバブ屋さんだったご主人と、本町でgood timeという人気のサンドイッチ屋さんを営んでいらした奥様とのマリアージュで誕生したお店。
2017年7月にオープンしたばかりです。



juicy.jpg

開店前にはアメリカで勉強されたということもあってか、ポップでアメリカンカジュアルな印象。
注文してからつくり始めるサンドイッチはトッピングを選んでカスタマイズすることができます。



続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

Million Dreams 「グレイテスト・ショーマン」


greatest.jpg3月25日まで有効の無料招待券があって、別に観なくてもいいようなものですが生来の貧乏性によりもったいないという思いが先に立って、やっとこ映画館に行ってきました。
「ペンタゴン・ペーパーズ」を観たかったのですが、残念ながら公開は3月30日。ならば、と「シェイプ・オブ・ウォーター」「15時17分、パリ行き」あたりと迷いつつ、少し疲れ気味なこともあって、ま、明るい方がいいか、とこちらを。


「グレイテスト・ショーマン」 (The Greatest Showman)
監督: マイケル・グレイシー
製作: ローレンス・マーク  ピーター・チャーニン  
ジェンノ・トッピング
製作総指揮: ジェームズ・マンゴールド
脚本: ジェニー・ビックス  ビル・コンドン
音楽: ジョン・デブニー  ジョセフ・トラパニーズ  ベンジ・パセック  ジャスティン・ポール
出演: ヒュー・ジャックマン  フィリップ・カーライル  レベッカ・ファーガソン  ゼンデイヤ ほか

2018年3月24日(土) 2:50pm なんばパークスシネマ シアター4
(上映時間: 105分)
 

19世紀アメリカに実在した、サーカスを始めたことでも有名な興行師 P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。
貧しい家に生まれ育ち苦労を重ねたフィニアス(ヒュー・ジャックマン)は幼なじみの名家の令嬢チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)と結婚。妻と2人の娘を幸せにするため努力と挑戦を続け、やがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げて大きな成功をつかみます。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていました・・・。


上映終了直後、隣席の若者男子が連れの友人たちに「サントラ買いたくなりますねっ!」と言ったのがすべてを表わしていました(開映前とはいえ、あたりかまわず大声で話す、観てる間じゅうガサゴソ音をたててポップコーン食べる、挙句に飲み物のフタを取ってガラガラ流しながら氷をほおばる、というトンデモ男でしたが)。
まず音楽がすばらしかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(2) | movie | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

ン十年ぶり 「アモーレ・アベーラ」


image1 (5).jpg

日曜日(3/18)は名古屋からいらしたmemenezuさんと宝塚歌劇 宙組観劇。
幕間の食事はガマンして、終演後、こちらで遅めのランチをいただきました。


アモーレアベーラ
宝塚市南口1-9-31
tel: 0797-71-3330

阪急電車の宝塚南口駅の西側(になるのかな?)の通りを逆瀬川方面に5分くらい歩いたところにあります。
先代オーナーのご自宅をレストランに改装したということで、高級住宅街の広いお庭のある邸宅がそのままレストランになった、という趣き。

1946年開店で、日本最古のイタリアンレストランのひとつに数えられるそうですが、私がこのレストランを知ったのは宝塚を観始めた第一次ベルばらブームのころ。
安奈淳さんがオスカル、榛名由梨さんがアンドレを演じた花組の「ベルサイユのばら」でロザリー役だった有花みゆ紀さんがアベーラさんの息子さん(現オーナー)と結婚されたことで、ファンの間では有名なお店でした。
その頃、何度か行ったことがあって、それ以来なので何十年ぶりかしら、という感じです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

憎しみがなくなる日 「プルートゥ PLUTO」


image1 (3).jpg「憎しみがなくなる日は来ますか」
すべてが終わった後、遺されたプルートゥの腕を見上げながらお茶の水博士に問うアトム。
「モンブランもノース2号もヘラクレスもブランドもエプシロンも・・・ゲジヒトも、プルートゥも。みんな祈ってます。そんな日が来ることを」


シアターコクーン・オンレパートリー2018
手塚治虫生誕90周年記念
鉄腕アトム「地上最大のロボット」より
「プルートゥ  PLUTO」
原作: 浦沢直樹 × 手塚治虫
演出・振付: シディ・ラルビ・シェルカウイ
プロデュース: 長崎尚志   監修: 手塚眞
上演台本: 谷賢一  映像・装置: 上田大樹   照明: ウィリー・セッサ
出演: 森山未來  土屋太鳳  大東駿介  吉見一豊  吹越満  柄本明
上月一臣  大植真太郎  池島優  大宮大奨  渋谷亘宏  
AYUMI  湯浅永麻  森井淳  笹本龍史

2018年3月13日(火)2:00pm 森ノ宮ピロティホール B列(1列目)センター
(上演時間: 3時間/休憩 20分)


人間とロボットが共存する時代。
世界最高水準のロボットが破壊される事件が次々と起こり、刑事ロボット・ゲジヒト(大東駿介)は、自分を含めた7体が標的になっていることを知ります。7体は5年前、泥沼化した第39次中央アジア戦争を収束させるため招集されたメンバーでした。ゲジヒトは日本へ向かい、7体の一人であり人間に限りなく近い存在であるロボット・アトム(森山未來)と共に事件の謎を追い、内戦で家族を失った世界最高峰の頭脳を持つ科学者アブラー(吹越満)と接触します。
一方、悲しみを察知する能力を持つアトムの妹・ウラン(土屋太鳳)は、廃墟の壁に花畑の絵を描く不思議な男と出会います・・。


2015年に上演された作品で、アトムの森山未來くん、 お茶の水博士の吉見一豊さん、天馬博士の柄本明さん以外のキャストを一新しての再演です(2015年版の感想はこちら)。
映像、舞台美術、芝居、ダンサーや役者さん自身の肉体を含めて様々な表現方法の融合が舞台をつくり上げる演出は3年経っても色あせることなく刺激的。
初見の時と違って今回は、演出に目を奪われたり、登場人物のキャラクターや人間関係に腐心しないですむ分、より深く物語に入り込んで観ることができました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:25| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする