2018年02月19日

シス x いのうえひでのり 「近松心中物語」


chikamatsu2018.jpg宝塚歌劇星組「心中・恋の大和路」(1979年)→ 蜷川幸雄演出「近松心中物語」(1986年)→ 文楽「冥途の飛脚」(1990年ごろ)→ 歌舞伎「恋飛脚大和往来」(2002年ごろ)
という順です。私の梅川・忠兵衛歴。
回数でいうと「封印切」の見取り含めて歌舞伎がダントツに多いのですが、近松の心中ものの中でも、お初・徳兵衛より小春・治兵衛より梅川・忠兵衛が好き、のベースになっているのは間違いなく宝塚版と蜷川演出版です。

蜷川さん演出での上演も告知されていましたが甚だ残念なことに実現することはなく、いのうえひでのりさんの演出で、というのは蜷川さんのご指名なのだとか。


シス・カンパニー 「近松心中物語」
作: 秋元松代 
演出: いのうえひでのり
美術: 松井るみ   照明: 原田保 
音楽: 岩代太郎   振付: 尾上菊之丞
イメージソング作曲: 岩代太郎  作詞: 大獄香子  歌: 石川さゆり
出演: 堤真一  宮沢りえ  池田成志  小池栄子  
市川猿弥  立石涼子  小野武彦  銀粉蝶 ほか

2018年2月7日(水) 1:30pm 新国立劇場 中劇場 1階5列(1列目)センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



蜷川さん演出の「近松心中物語」は平幹二朗・太地喜和子版とその10年後位に坂東八十助・樋口可南子版の2回観たのですが、太地喜和子さんに憧れる早熟な少女だった(?)頃に観た初演などはほとんど覚えていません。
開演して、二段に組まれた格子や無数の真っ赤な風車、行き交う市井の人々の間を縫うように進む花魁道中を観ているうちに(あの花魁の衣装や歩き方はどうかと思うが)、「そうそう、こんなだったこんなだった」と記憶が甦りました・・・もちろん装置や美術は違っているのでしょうけれど、雰囲気として。


今回の舞台で一番感じたのは「二組の対比」です。
梅川と忠兵衛、お亀と与兵衛。
それは最初から秋元松代さんの脚本の意図するところだと思いますが、お亀と与兵衛を笑いの方にデフォルメすることによってその対比をより際立たせた印象。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする