2018年02月16日

加納幸和版 「黒蜥蜴」


hanagumikurotokage.jpg「黒蜥蜴」といえばやはり昨年末に観たこちらも書いておかないと。
中谷美紀さん主演の「黒蜥蜴」がデヴィッド・ルヴォーさんの美意識に満ちた作品だとすれば、こちらは加納幸和さんのこだわりと芝居を愛する心、そして博識ぶりが随所に感じられる舞台。
戯曲も三島由紀夫ではなくご自身の脚本。
さながら加納幸和版「黒蜥蜴」です。


花組芝居 劇団創立三十周年記念公演 第五弾
浪漫歌舞伎劇 「黒蜥蜴」
原作: 江戸川乱歩
脚本・演出: 加納幸和
作曲: 鶴澤津賀寿  杵屋邦寿
キャスト           【黒天使組】        【黒夫人組】
黒蜥蜴:           谷山知宏          加納幸和
明智小五郎:        桂憲一           小林大介
雨宮潤一:          丸川敬之          押田健史
岩瀬庄兵衛:        原川浩明          山下禎啓
岩瀬早苗&桜川葉子:  二瓶拓也          堀越涼
女中マリ子(秦万里):   秋葉陽司          松原綾央
岩瀬富子夫人:       植本純米          横道毅
小林芳雄:          大井靖彦          美斉津恵友
浪越速太警部:       北沢洋           北沢洋
奥村文代:          磯村智彦         嶋倉雷象   ほか

【黒天使組】 2017年12月16日(土) 1:00pm 近鉄アート館 A2列下手/
【黒夫人組】 2017年12月17日(日) 1:00pm 近鉄アート館 B0列上手
(上演時間: 2時間40分/休憩 15分)


物語はデヴォー版「黒蜥蜴」ご参照(こちら)。


花組芝居 劇団創立30周年記念イヤーの掉尾を飾る公演。
浪漫歌舞伎劇と銘打たれている通り、出演者が全員男性というばかりでなく、三味線の下座音楽、義太夫の語りが要所要所にはさまれて、役者さんも時には歌舞伎の型や見得をしたりもします。
歌舞伎に造詣が深い加納幸和さんの脚本と演出が冴え渡っています。

「黒天使組」「黒夫人組」というダブルキャストですが、キャストの違い以上に2つはテイストの異なった「黒蜥蜴」になっていて、そのあたりも加納さんの狙いだったのでしょう。
加納さんが緑川夫人を演じた「黒夫人組」の方がより義太夫狂言色が濃く、「黒天使組」は現代劇の中にうまく義太夫を採り入れたという感じでしょうか。

衣装も違っていて、「黒天使組」が洋、「黒夫人組」が和装。和服の緑川夫人というのがとても新鮮でした。
それぞれの役者さんの特性を活かした演出をつけて、同じ作品で2つの違った舞台をつくり上げる・・・ほんとに何て人なんだ加納幸和。
そういえば宝石商の岩瀬さんにかけて義太夫と役者さんのかけ合いで「宝石づくし」みたいなことやっていましたが、あれ、歌舞伎「渡海屋」の魚づくしのパロディかしら。
「少しお知恵がタンザナイト」とか、思わず吹き出してしまいました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする