2018年02月15日

本物の宝石 「黒蜥蜴」


kurotokage.jpg昔、美輪明宏さんに凝っていた時期があって舞台やコンサート、ディナーショーなどにも行っていたのですが、その頃観た舞台の一つが「黒蜥蜴」。
ですが心身ともに幼すぎて、江戸川乱歩や三島由紀夫の耽美な世界観を理解するにはほど遠く・・・。
昨年末、花組芝居の「黒蜥蜴」を観て、ストーリーすらきれいさっぱり忘れ去っていることに愕然としましたが、二幕になって「あ!血を抜いて生きたまま剥製にするやつ!!」と記憶が甦りました。
そこだけ覚えてるって、どんな記憶回路ぢゃ。


「黒蜥蜴」
原作: 江戸川乱歩
脚本: 三島由紀夫
演出: デヴィッド・ルヴォー
出演: 中谷美紀  井上芳雄  相楽樹  朝海ひかる  たかお鷹  成河 ほか

2018年2月3日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階9列上手
(上演時間: 3時間20分/休憩 25分)


物語: 宝石商 岩瀬庄兵衛(たかお鷹)は、愛娘・早苗(相楽樹)の誘拐と秘宝「エジプトの星」強奪を予告する女盗賊・黒蜥蜴からの脅迫状に怯え、私立探偵の明智小五郎(井上芳雄)に警護を依頼しました。岩瀬父娘が宿泊した大阪のホテルには岩瀬の店の顧客で早苗とも親しい緑川夫人も泊っていましたが、実は彼女こそ黒蜥蜴(中谷美紀)でした。黒蜥蜴は部下の雨宮(成河)を使ってまんまと早苗を誘拐したものの、明智に奪い返されます。それから半月後、家政婦ひな(朝海ひかる)の手引きで岩瀬邸から再び早苗を誘拐した黒蜥蜴を明智が追い詰めていきます・・・。


幕のない舞台上にあるのは天井だけ。
開演するとホリゾントからドアが現れます。
そのドアから登場する緑川夫人こと黒蜥蜴。
シンプルながら研ぎ澄まされたような舞台装置、生演奏、映像。
いかにもデヴィッド・ルヴォーらしい美意識に満ちた舞台。
そしてそれがそのまま黒蜥蜴の美学を表現しているようにも感じられ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする