2018年02月10日

ざるかき揚げ @歌舞伎そば


image1 (6).jpg

歌舞伎座の裏手にひっそりと佇む歌舞伎そば。
歌舞伎座の食堂の一つ、という位置づけなのかな。
旧歌舞伎座では確か表側にあったはず。

歌舞伎役者さんにもご贔屓の多いお蕎麦屋さんで以前から行ってみたいと思っていたのですが、土日祝お休みのためなかなかチャンスがなく、このたび初見参。


歌舞伎そば
東京都中央区銀座4-12-2
tel:03-3543-4510


思い切って入ってみたら、想像とは違ってカウンターだけのこんじんまりしたお店で券売機で食券を買う、という立ち食いそばみたいなシステムに少し驚きました。お値段が安いことにも。
木曜日の午後4時ごろという中途半端な時間にもかかわらずカウンターは満席。
ほとんどが常連さんのようでした。

以前画像を見たことがあった「もりかき揚げ」(470円)が一番人気と聞いていましたが、「ざるかき揚げ」(490円)をチョイス。
もりとざるの違いがよくわからないのだけれども(海苔がのっているかどうかの違いか?)

image2.jpg本当に立ち食いそばなみにすぐ出てきます。
お蕎麦は歯ごたえがあって、かつおが効いた少し濃いめのつゆとよく合っていました。
ちゃんと蕎麦湯も出してくれます。

かき揚げはあげおきとは思えないくらいサクサク。
玉ねぎやかぼちゃ、にんじんのほんのりした甘味がおいしくて、5等分されたひと口サイズなのもうれしく、いくらでも食べられちゃいそうです。
ごちそうさまでした。




またぜひ食べたいけれど土日祝休だとなかなか行けないよね~ のごくらく地獄度 (total 1873 vs 1878 )




posted by スキップ at 22:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする