2018年02月06日

めでたや 「初春文楽公演」 第1部


初春と咲甫太夫さん改め 六代目竹本織太夫さんの襲名披露が重なったおめでたい公演。
さらには、八代目竹本綱太夫 五十回忌追善でもあります。

昨年、チケット取っていたのに観に行けなかった公演の中に文楽が3回もあって、なぜか文楽と相性がよくない不肖スキップ。
「あら、文楽劇場、なんだか久しぶり」と思ったら、2016年の錦秋公演以来でした(うめだ文楽とかは観たけれど)。


初春文楽公演 第1部 
2018年1月25日(木) 11:00am 国立文楽劇場 1列センター



image2 (2).jpg  image2 (4).jpg

初春公演恒例のにらみ鯛と東大寺の狭川普文別当の絵馬。
私の席からは右の画像のような目線(ズームなし)。


花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)  
万才・鷺娘
太夫: 豊竹睦太夫  竹本津國太夫  豊竹咲寿太夫  竹本小住太夫  竹本文字栄太夫
三味線: 鶴澤清友  野澤喜一朗  鶴澤清丈  野澤錦吾  鶴澤燕二郎
人形: 吉田玉勢  桐竹紋臣  吉田文昇 
(上演時間: 21分)


初春らしくおめでたい「万才」と冬にぴったりの「鷺娘」を続けて。
「鷺娘」は雪の舞い散る中、白い着物から薄いピンク色の着物に引き抜きがあって(人形:吉田文昇)「ひょ~」と驚き。
歌舞伎でも観たことのある舞踊ですが、文楽のお人形って、ほんと、人間ができることは何でも全部できるのね。

足元にたくさんの雪が舞い降りてきたのですが、休憩から戻るときれいになくなっていたのでお掃除されたのかと思っていたら「後ろの席の人たちがいっぱい拾いに来た」と隣席のおじさまが教えてくださいました。
ま、私も何枚かいただきましたけれども。


続きがあります
posted by スキップ at 23:03| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする