2018年02月01日

きみもおいでよ 花組 「ポーの一族」


poe.jpgたとえば「11人いる!」や「トーマの心臓」「11月のギムナジウム」といった萩尾望都さんの漫画は子どもの頃、夢中になって読んだ記憶があるのに、一番の代表作とされる「ポーの一族」だけはなぜか抜け落ちていて、読んだことがありません。
演目が発表され、明日海さんや柚香さんのビジュアルが公開されると、騒然とした盛り上がりを見せる中、「えーっと、バンパイヤの話だったかしらね」という低ーいテンションでの観劇となりましたが、何か?


宝塚歌劇花組公演
ミュージカル・ゴシック 「ポーの一族」
原作: 萩尾望都
脚本・演出: 小池修一郎
出演: 明日海りお  柚香光  仙名彩世  高翔みず希  瀬戸かずや  
鳳月杏  水美舞斗  城妃美伶  華優希/一樹千尋  飛鳥裕 ほか 

2018年1月16日(火) 11:00am 宝塚大劇場 2階4列上手/
2月1日(木) 11:00am 1階6列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)


少年のまま永遠の時を生きる運命を背負わされたバンパネラ(吸血鬼)エドガーが、14歳から年をとらないまま様々な時代、場所を生き続け200年以上の時と場所が交錯する物語。

今回の舞台では物語の時代は大きく分けて2つ。
まずは、1754年スコッティ村。
普通の子どもだったエドガーがいかにしてバンパネラとなったのかが描かれます。

森に捨てられていたところを老ハンナ(高翔みず希)に拾われ屋敷で育てられたエドガー(明日海りお)と妹のメリーベル(華優希)。
やがて一族がバンパネラだと知った村人たちの攻撃によって老ハンナは消滅し、一族にも危機が迫る中、メリーベルを巻き添えにしないことと引き換えにキング・ポー(一樹千尋)によってエドガーはバンパネラにされ一族に加えられてしまいます。
3年後、エドガーと再会したメリーベルは自ら一族に加わることを望み、フランク・ポーツネル男爵(瀬戸かずや)・シーラ(仙名彩世)夫妻を養父母としてエドガーとともに100年の時を旅することになります。

後半の舞台は、1879年 イギリスの港町 ブラックプール。
ホテルブラックプールに滞在する4人は、一族に新しい仲間を加えようと人々を物色しますが、医師 ジャン・クリフォード(鳳月杏)に正体を勘づかれ、メリーベルとシーラ、そしてポーツネル男爵までも消滅してしまいます。
絶望と悲しみに沈むエドガーはセント・ウィンザーの同級生で同じく孤独な心を持つアラン・トワイライト(柚香光)に「きみもおいでよ ひとりではさびしすぎる」と誘ってともに長い旅に出ることになります。



続きがあります
posted by スキップ at 23:16| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする