2018年02月26日

まるでパンドラの箱


古いアルバムの写真を取り出す必要が生じて、昨夜、自分で「アンタッチャブル」と名づけているクローゼット(といっても壁一面つくりつけの中の扉のひとつだけど)を思い切って開けることとなりました。

お目当てのアルバムにすぐにアクセスできた後も、子どもの頃や学生時代、さらには毎年海外旅行に行っていた頃のたくさんの懐かしい写真を見てしばし郷愁にふけったり。

その他にも「何でこれをここに入れたの?」と思うようなものがあれこれ出てきたのですが、
中でも



image1 (3).jpg


image1 (2).jpgimage2 (3).jpg

十八代目 中村勘三郎さん 襲名披露の際のてぬぐい  と
十代目 坂東三津五郎さん 襲名記念出版に直筆のサインが入ったもの


三津五郎さんの襲名が2001年、勘三郎さんが2005年。
私はどちらの後援会にも入っていませんので、これらのものは親しくさせていただいていたご贔屓筋の方からいただいたものだったかと記憶していますが、多分お2人が鬼籍に入られた後、見るのがつらくなってここに入れ、そのままになっていたものかと思います。

何を観ても勘三郎さんを思い出して泣く、ということはさすがになくなりましたが、今でも時折「どうして今、ここに勘三郎さんがいないんだろう」と信じられない気持ちに襲われることがあります。
でも、昨日は泣いたな。
ぶわっと悲しみが吹き出してきて、まるでパンドラの箱を開けてしまった気分。
やっぱりここはアンタッチャブルでした。


このアンタッチャブルからはこんなものも出てきました。

image2 (2).jpg

十二代目 市川團十郎さんと現 海老蔵さんが新之助時代のサイン。
これは大阪で開かれた某会合でご本人からいいただいたものだったでしょうか。


いずれにしても、記憶を封印したいものを入れていたという訳です。



勘三郎さんも三津五郎さんも團十郎さんもいないなんて の地獄度 (total 1880 vs 1888 )


posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

自分が信じて歩く道 「ドクトル・ジバゴ」


zhivago.jpg主演に専科の轟悠さんを迎えた星組の別箱公演。
ロシア革命を背景にした重厚な人間ドラマです。

宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「ドクトル・ジバゴ」
~ボリス・パステルナーク作「ドクトル・ジバゴ」より~
脚本・演出: 原田諒
出演: 轟悠  有沙瞳  白砂なつ   天寿光希  
輝咲玲央  麻央侑希  紫りら  瀬央ゆりあ  
天華えま  小桜ほのか ほか

2018年2月11日(日) 12:00pm 
シアター・ドラマシティ 5列上手
(上演時間: 2時間35分/休憩25分)



1910年 ロシア 「血の日曜日事件」から物語は始まります。
デモで負傷した活動家のパーシャ(瀬央ゆりあ)は恋人ラーラ(有沙瞳)に匿われます。
ラーラは母のパトロンである弁護士 コマロフスキーにレイプされ、復讐のために彼の出席するパーティに向かいます。そこは貴族のグロメコ(輝咲玲央)の娘トーニャ(小桜ほのか)と甥ユーリ(轟悠)との婚約披露パーティでした。
やがて第一次世界大戦が勃発し軍医として出征したユーリは夫のパーシャの行方を捜すために従軍看護婦として従事していたラーラと野戦病院で運命的な再会を果たします・・・。

ロシアの作家ボリス・パステルナークが1957年に発表した小説で、1965年にはオマー・シャリフ主演で映画化もされていますが、どちらも未見。
宝塚の作品としてはいささか地味で華やかさにも欠けますが、物語そのものがおもしろくて、この先どうなるんだろうと引き込まれました。名作の力ってすごいなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:38| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

二月大歌舞伎 昼の部


image2.jpg

二月大歌舞伎 昼の部は高麗屋三代で出演するのは幸四郎さんだけ。口上もないので通常の歌舞伎公演のような趣きですが、幕開きを祝う高麗屋さんの名前が入った舞踊に始まって、バラエティ豊かな演目が並びました。


歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
二月大歌舞伎 昼の部


2018年2月8日(木) 11:00am 歌舞伎座 3階1列センター



一、春駒祝高麗
出演: 中村梅玉  中村芝翫  中村梅枝  中村梅丸  
中村米吉  中村錦之助  中村又五郎  
(上演時間: 16分)


幕開き、舞台中央にセリ上がってくる4人。
品格ある梅玉さんを囲む梅枝くん、米吉くん、梅丸くんの並びが綺麗で華やかで眼福。
3人の中ではさすがに梅枝くんの舞や所作が美しかったけれども若く初々しい2人も観ているだけで笑顔になります。
初めての演目でストーリーも知らずに観ていて、花道から登場した春駒売りの2人(芝翫さん、錦之助さん)の踊りで「これって曽我十郎、五郎みたいじゃん」と気づく・・・みたいじゃなくてまさにそれだった訳ですが。
そう思って観ると梅玉さんなんて工藤祐経そのもので、もっと早く気づけよ自分、という感じ。


 続きがあります
posted by スキップ at 22:46| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

二月大歌舞伎 夜の部


201802kabukiza.jpg高麗屋三代襲名披露 二か月連続興行の2ヵ月目。
今月は出演する役者さんの数が新しい歌舞伎座のお披露目興行以来の大人数なのだとか(口上での幸四郎さん談)。

当初2月8日(木)に昼夜通しで、と考えていたのですが、「七段目」の平右衛門、お軽の役替りが発表されて「どちらか一方しか観られないならそりゃ奇数日でしょ」と予定変更。
夜の部から拝見することと相成りましてございまする。


歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
二月大歌舞伎 夜の部


2018年2月7日(水) 4:30pm 歌舞伎座 1階1列センター



一、一谷嫩軍記 熊谷陣屋
出演: 松本幸四郎  中村魁春  中村雀右衛門  中村芝翫  中村歌昇  
中村萬太郎  坂東巳之助  中村隼人  中村鴈治郎  市川左團次  尾上菊五郎 ほか
(上演時間: 1時間25分)



201802kumagai.jpg


熊谷直実のmy top 2といえば仁左衛門さんと吉右衛門さんですが、染五郎時代の幸四郎さんの直実も観たことあるぞ、と調べてみたら2010年5月の新橋演舞場 五月花形歌舞伎でした。
そうそう、旧歌舞伎座が建て替えのため閉場した翌月だったなぁと懐かしく思い出しました。
もう8年も前なのかぁ~と感慨深いのと同時に「藤の方:尾上松也」にオドロキ。
当時、吉右衛門さんの熊谷を「なぞるだけで精一杯」とおっしゃっていた染五郎さん。
ひと回りもふた回りも大きくなって幸四郎さんとしての「熊谷陣屋」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

シス x いのうえひでのり 「近松心中物語」


chikamatsu2018.jpg宝塚歌劇星組「心中・恋の大和路」(1979年)→ 蜷川幸雄演出「近松心中物語」(1986年)→ 文楽「冥途の飛脚」(1990年ごろ)→ 歌舞伎「恋飛脚大和往来」(2002年ごろ)
という順です。私の梅川・忠兵衛歴。
回数でいうと「封印切」の見取り含めて歌舞伎がダントツに多いのですが、近松の心中ものの中でも、お初・徳兵衛より小春・治兵衛より梅川・忠兵衛が好き、のベースになっているのは間違いなく宝塚版と蜷川演出版です。

蜷川さん演出での上演も告知されていましたが甚だ残念なことに実現することはなく、いのうえひでのりさんの演出で、というのは蜷川さんのご指名なのだとか。


シス・カンパニー 「近松心中物語」
作: 秋元松代 
演出: いのうえひでのり
美術: 松井るみ   照明: 原田保 
音楽: 岩代太郎   振付: 尾上菊之丞
イメージソング作曲: 岩代太郎  作詞: 大獄香子  歌: 石川さゆり
出演: 堤真一  宮沢りえ  池田成志  小池栄子  
市川猿弥  立石涼子  小野武彦  銀粉蝶 ほか

2018年2月7日(水) 1:30pm 新国立劇場 中劇場 1階5列(1列目)センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



蜷川さん演出の「近松心中物語」は平幹二朗・太地喜和子版とその10年後位に坂東八十助・樋口可南子版の2回観たのですが、太地喜和子さんに憧れる早熟な少女だった(?)頃に観た初演などはほとんど覚えていません。
開演して、二段に組まれた格子や無数の真っ赤な風車、行き交う市井の人々の間を縫うように進む花魁道中を観ているうちに(あの花魁の衣装や歩き方はどうかと思うが)、「そうそう、こんなだったこんなだった」と記憶が甦りました・・・もちろん装置や美術は違っているのでしょうけれど、雰囲気として。


今回の舞台で一番感じたのは「二組の対比」です。
梅川と忠兵衛、お亀と与兵衛。
それは最初から秋元松代さんの脚本の意図するところだと思いますが、お亀と与兵衛を笑いの方にデフォルメすることによってその対比をより際立たせた印象。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」


image1 (12).jpg


2月の上京は1泊2日結構ツメツメであまり時間のゆとりがなかったのですが、
高麗屋贔屓としては時間をやり繰りしてでもこの特別展は行くってもんでしょ。


三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」
歌舞伎座ギャラリー


白鸚さん、幸四郎さん、染五郎くんそれぞれが一月の襲名披露公演で演じた「寺子屋」の松王丸、「勧進帳」の弁慶、義経の自筆の画や書、白鸚さんの弁慶の衣装、染五郎くんの「婦人画報」連載の原画や高麗屋箱、幸四郎さんの趣味の品々など見どころたっぷりでとても楽しい展示でした。



image2 (8).jpg

会場に入るとこれがど~ん。
話題の幸四郎さん「車引」松王丸の等身大フィギュア。押隈つき。
襲名披露狂言のポスター撮影時に海洋堂さんが360度撮影してリアルに再現したものだそうですが、いや~、ほんとよくできていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする