2018年01月25日

新春浅草歌舞伎 第2部


asakkusa2018.jpgすごーく積極的に観たいというほどではないけれど、いつも興味はある浅草歌舞伎。
昨年は松竹座で二月に花形歌舞伎があるからと浅草はパスしましたので2年ぶりです。

新春浅草歌舞伎 第2部
2018年1月17日(水) 3:00pm 浅草公会堂 
3階ふ列センター


お年玉〈年始ご挨拶〉
中村種之助


すぐ次に出番があるので白塗りのお顔での登場です。
ハキハキきっちりお行儀よく、演目の解説などを。
「この説明で足りなければ、ロビーにはプログラムもございます」としっかり販促もして、「お客様にお願いしたいのは携帯電話の電源を切ることだけ」と(笑)。


一、操り三番叟
出演: 中村種之助  中村隼人  中村梅丸  中村錦之助
(上演時間: 30分)


「操り三番叟」は三番叟の中でも好きな演目で、これまでいろんな人の踊りを観ましたが、踊り巧者の種之助くんの三番叟もさぞかしよかろう、と期待していました。
若々しくキレのある踊りで操られぶりも巧み。ふわりと飛び上がるところなんて、軽々していて音もたてずに着地(というのか?)していました。
キリリとしたイケメンの梅丸くん後見との息もぴったり。
ラスト、三番叟があげた片足をゆらゆらさせるイメージがあるのですが、種之助くんは静止したままでした。
お家によって型た違うのかしら。

翁が中村錦之助さん、千歳を中村隼人くんという、史上最強?の美形翁千歳。
美しい2人の優雅な動き。は~、清められたワ、な眼福の一幕でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする