2018年01月22日

It all began tonight 宙組 「WEST SIDE STORY」


wss.jpg宙組新トップスター 真風涼帆さん・星風まどかさんのプレお披露目公演。

この公演は今年7月~8月 梅田芸術劇場での上演も予定されていて、「大阪に来るまでガマン」するつもりででした。
ところが、「アニータ: 和希そら」とキャスト発表されて、「それ絶対観たい!」となり、別箱公演なので梅田でそらくんがアニータやるって保証はないじゃない、と。
その時点で各種先行は終わっていましたので、一般発売で気合入れてチケット取りました。
(実際に観た後は「そらくんアニータ続投」を確信していますが。)


宝塚歌劇宙組公演
MUSICAL 「WEST SIDE STORY」
原案: ジェローム・ロビンス
脚本: アーサー・ロレンツ 
音楽: レナード・バーンスタイン   作詞: スティーブン・ソンドハイム
(オリジナルプロダクション 演出・振付: ジェローム・ロビンス )
演出・振付: ジョシュア・ベルガッセ   演出補・訳詞: 稲葉太地
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  松風輝  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら  瑠風輝   夢白あや/英真なおき ほか

2018年1月17日(水) 11:00am 東京国際フォーラム ホールC 
2階10列(1列目)センター (上演時間: 2時間55分/休憩 25分)
  


「ウエストサイド物語」の映画は何度か観ていて、楽曲もすべて知ってる!と言える曲揃い。
I like to be in America Okay by me in America の「America」や「Tonight」なんて原語でフルコーラス歌えそうな勢いです。
そういえば「映像全編観ながら音楽部分を生のフルオーケストラで演奏」というのも佐渡裕さん指揮で観たぞ、と検索したら、2012年9月でした(感想はこちら)。

宝塚歌劇では1968年に月・雪組合同で上演され、1998年 月組、1999年 星組と再演されて今回が4演目です。

その宝塚版を含めて舞台で観るのは今回が初めて。
全体的な印象として「映画をそのままうまく舞台に乗せている」と思ったのですが、よく考えたら、先にブロードウェイのミュージカル(1957年初演)があって、それを映画化されたのが1961年なので、映画の方が「舞台をそのままうまく映画化している」ということになりますね。

幕開けのオーケストラのOvertureから、ニューヨーク ウエストサイドの午後5時。
ジェッツとシャークスの面々が指を鳴らして踊り始めたら背中がゾクゾクしました。
本当にあの「ウエストサイド物語」の世界が目の前で展開されるのですから。

映画から抜け出して来たような、飾りのないシンプルなデニムにヒールのない普通のスニーカーを履いて踊る宙組男役たちのカッコいいこと。
決闘へ向かう時の Tonight の迫力。
高架下のフェンス超え。すごいな、あれ。どんな身体能力してるんだか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする