2018年01月20日

カガミのアナタはホントのワタシ 「かがみのかなたはたなかのなかに」


kagaminokanata.jpg子どもたちでにぎわうロビー。
ゆるりとコーヒー飲んでいたら、白い海軍士官の軍服を着た兵隊さんがロボットのような歩き方で一直線に近づいて来て、私の前にいたお子さんに向かって表情も変えずに敬礼。「え!?長塚さんじゃん!!」と横でコーヒーカップ落としそうになる私。

その後、他の3人の出演者の士官さんが次々と同じようにロビーに現れ、松たか子さんの透明感ある美しさに見とれて壁に張り付いていたら、あたりに子どもさんがいなかったからか、はたまた子どもと間違われたのか、私に向かって敬礼してくださって、ますますテンション上がった開演前でした。


「かがみのかなたはたなかのなかに」
作・演出: 長塚圭史
振付・音楽: 近藤良平
出演: 近藤良平  首藤康之  長塚圭史  松たか子

2018年1月13日(土) 11:00am 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階H列センター  (上演時間 85分)



「未来のおとなと、かつての子どもたちへ」
とフライヤーのライナーに書かれているとおり、子どももおとなも一緒に楽しめる演劇シリーズとして、2015年に上演された舞台の再演です。

1階席前方5列目くらいまでは「子どもゾーン」でお子さまと保護者優先席となっていたり、開演前の諸注意も係員に扮した役者さん(?)2人がユニゾンで行ったりと、子どもさんの観客を意識した凝った趣向の舞台。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする