2018年01月18日

僕に命を返して  宙組 「不滅の棘」


fumetsu.jpg愛月ひかるさん 二度目の主演公演にして初めての東上付き別箱主演。
演じるのは348歳(!)の男。


宝塚歌劇 宙組公演
ロマンス 「不滅の棘」
原作: カレル・チャペック   翻訳: 田才益夫
脚本・演出: 木村信司
出演: 愛月ひかる  美風舞良  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  留依蒔世  遥羽らら  華妃まいあ  ほか

2018年1月10日(水) 4:00pm シアター・ドラマシティ 17列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「マクロプロス事件」をベースに主役を女性から男性に置き換え、2003年 花組 春野寿美礼さん主演で上演された作品・・・ということですが、初演は観ていなくて、もちろん原作も読んだことはなく、全くの初見です。

16世紀の神聖ローマ皇帝ルドルフ二世の侍医であった父が皇帝の依頼で完成させた不老不死の薬を自分の息子であるエリイ(愛月ひかる)に飲ませ、永遠の命を得たエリイは300年以上も若さと美しさを保ったままそれぞれの時代を名前を変え、職業を変えながら生き続ける・・・という物語。


描かれるのは3つの時代。
1603年 ギリシャ・クレタ島。
父が殺された後、18歳のエリィが不老不死の薬を飲まされていたことを知って、「僕はもう人間じゃない。父さん、僕に命を返して!」と叫ぶ冒頭のシーンが切ない。その後の物語もエリイの生き方も、このニヒリズムに支配されているように感じました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする