2018年01月15日

やまない羽音 「欲望という名の電車」


yokubo2018.jpg「欲望という名の電車」のブランチといえば、文学座の杉村春子さんの当たり役として知られていますが、私が初めてナマで観たブランチは大竹しのぶさん。2002年でした。

蜷川幸雄さんの演出で、スタンリーは堤真一さん、ステラ 寺島しのぶさん ミッチ 六平直政と、思い返しても非常に豪華キャスト。
シアター・ドラマシティの通路側の席で観たのですが、上半身白いランニングシャツ一枚で上腕二頭筋をさらけ出した堤真一さんが真横に立った時、あまりのカッコよさ、色っぽさに客席がざわめいたことを今でも鮮明に覚えています。

大竹しのぶさん二度目のブランチ。
演出は、フィリップ・ブリーン。
大竹しのぶ x フィリップ・ブリーン x テネシー・ウィリアムズ といえば
「地獄のオルフェウス」(2015年)と同じですね。


シアターコクーン オンレパートリー2017
DISCOVER WORLD THEATRE vol.3
「欲望という名の電車」
作: テネシー・ウィリアムズ  
翻訳: 小田島恒志
演出: フィリップ・ブリーン
美術: マックス・ジョーンズ
出演: 大竹しのぶ  北村一輝  鈴木杏  藤岡正明  西尾まり ほか

2018年1月7日(日) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール B列センター
(上演時間: 3時間17分/休憩 20分)



物語の舞台は第二次世界大戦後のアメリカ ニューオリンズのフレンチクォーター。
ステラ(鈴木杏)とスタンリー(北村一輝)夫婦が暮らすこの町に、ステラの姉のブランチ・デュボア(大竹しのぶ)が訪ねてきます。「欲望」という名の電車に乗って、「墓場」という名の電車に乗り換え、「天国」という名の駅で降りて・・・。
姉妹は南部の大農園で育った古きよき時代の上流階級の出身でしたが、家屋敷を手放した傷心のブランチをステラは温かく迎え入れ、3人の奇妙な同居生活が始まります。が、新しい土地に救いを求めてやってきたはずのブランチは、スタンリーとの軋轢によって過去の傷を暴かれ、やがて狂気へと破滅していきます。


続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする