2018年01月09日

堕ちていく月 「髑髏城の七人」 Season 月  上弦の月


jogen.jpg

昨年3月に開幕した「髑髏城の七人」。
季節とともに花鳥風と巡り、ラストを飾る月は上弦・下弦の2チーム。
(ま、その後に「極」がオーラスというトラップが待っていた訳だけれども)


dokkurojotsuki.jpgONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 月 上弦の月
Produced by TBS
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 福士蒼汰  早乙女太一  三浦翔平  須賀健太  平間壮一  粟根まこと  山本カナコ  村木仁  
市川しんぺー  高田聖子  渡辺いっけい ほか

2017年12月3日(日) 12:30pm IHIステージアラウンド東京 20列センター
(上演時間: 3時間55分/休憩 20分)



今回の髑髏城シリーズは、花鳥風月とそれぞれ描き方や役のキャラクターに変化を持たせていますが、それがオリジナル作品でいえば「あて書き」の部分になっていて、その意味で一番成功したのは Season 鳥 の阿部サダヲ捨之介だと思っています。その背景含めて、これまでにない捨之介像がサダヲちゃんの持ち味にピタリとハマッていました。

その Season 鳥 で、森山未來天魔王とこれ以上ないというシンクロぶりを見せてくれた蘭兵衛の早乙女太一くん。
まるで蘭兵衛が乗り移っているかのように感じられた太一くんが演じる天魔王が、私にとって Season 月の一番の楽しみであり、一抹の不安でもありました。

果たしてその太一天魔王。
「天の形は見る人によって様々だ」という捨之介の台詞がありましたが(霧丸に言った言葉だったかな)、追い続けた天が歪んで堕ちてくるような、切なくなるくらい哀しい天魔王でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする