2018年01月07日

高麗屋を背負って立つ覚悟 「壽 初春大歌舞伎  夜の部」



image1 (7).jpg image2 (2).jpg image1 (5).jpg

壽 初春大歌舞伎 初日 歌舞伎座のロビーは昼の部から祝祭ムードにあふれて華やかでしたが、口上のある夜の部はより一層華やかさが増したようでした。


舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
壽 初春大歌舞伎  夜の部


2018年1月2日(火) 4:30pm 歌舞伎座 1階7列上手



一、双蝶々曲輪日記  角力場
出演: 中村芝翫  中村七之助  澤村宗之助  松本錦吾  片岡愛之助 ほか
(上演時間: 52分)


芝翫さんの濡髪長五郎が角力場の入口に立った時、まだ顔も見えないのですが、戸口いっぱいに立った姿がすでにとんでもなく大きく立派で感心。
威厳のある佇まいの中、ゆったりした動きでいかにも人物の大きな横綱の風格。

それに対して、放駒長吉は少し軽い(リアルな意味で重量的に)印象。
まぁ、駆け出しの素朴な青年関取なのでこういう感じでいいのかもしれませんが。
愛之助さんは山崎屋与五郎と二役。昼の部の感想にも書きましたが、猿之助さんの代役で忙しそうです。
与五郎はいかにも上方歌舞伎のつっころばしの若旦那がじゃらじゃらしていてモテ男の色気もあって、愛之助さん余裕たっぷりに演じていらっしゃいました。

そんな与五郎の思い人 芸妓の吾妻は七之助さん。
舞台に出てくるだけで花が咲いたようです。



続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする