2018年01月06日

高麗屋三代襲名グルメ


image2 (6).jpg  image3 (3).jpg

高麗屋三代襲名披露興行の歌舞伎座では襲名記念のグルメやグッズが盛りだくさん。

昼夜通しで観るので夜の部の食事は温かいものをいただきたいわね、あそこ(花篭のことね)にする?とファザコンサリーちゃんと話していたのですが、師走のバタバタですっかり失念して情報収集もできずにいたところ、12月28日に園子夫人のInstagramで襲名弁当と襲名御膳が紹介されていて、これにしようこれにしようと早速予約。年内予約がこの日までで滑り込みセーフでした。


昼の部はお弁当の方を、とチラリと考えましたが、限定50個では私が歌舞伎座に着くころには売り切れているだろうし、お昼はそんなにしっかりした食事でなくても・・・と思っていました。
が、飛行機到着が遅れて、若干急ぎ足で地下鉄東銀座駅から木挽町広場を抜けて行こうとしていた時、お弁当売場の前で「襲名弁当 残りわずかです!」という声が耳に入って、思わずフラフラと近づいて買ってしまいました。ラスト3個でした。このお弁当が冒頭の画像です。

歌舞伎座と神田明神下みやびのコラボ。
三代の好物が盛り込まれているのに加えて黒豆や田作りも入っていてちょっとおせち風味。
30分の幕間に慌ただしく食べるのがもったいないような盛りだくさんのおいしいお弁当でした。



続きがあります
posted by スキップ at 22:10| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

壽 初春大歌舞伎 昼の部


image1 (2).jpg

まるで高麗屋さんの門出をお祝いするような澄みきった青空のもと、
高麗屋三代襲名披露興行 初日の幕があがりました。
2018年の観劇をこの公演から始められること、何て幸せなんでしょ。


歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
壽 初春大歌舞伎  昼の部


2018年1月2日(火) 11:00am 歌舞伎座 3階1列センター



kabukiza201801.jpg一、箱根霊験誓仇討
箱根山中施行の場/同 白滝の場
作: 司馬芝叟作
監修: 石川耕士
出演: 中村勘九郎  片岡愛之助  中村七之助  
中村吉之丞  片岡秀太郎 ほか
(上演時間: 1時間10分)



物語: 飯沼勝五郎(勘九郎)は妻の初花(七之助)とともに兄の仇である滝口上野(愛之助)を探して箱根山中の阿弥陀寺へとやってきます。勝五郎は病のため足が立たなくなっていました。そこへ初花の母 早蕨(秀太郎)を人質に取った上野が現れ、夫と母の命を救って欲しければ自分のものになれと迫ります。進退極まった初花が上野とともに去った後、弔いの念仏を唱える勝五郎と早蕨の前に突然 初花が戻ってきて・・・。
 

初見でした。
「義は我にあり」だけど何とも弱い主人公 vs 極悪非道でやたら強いヒール という歌舞伎らしい図式の演目。
初花が2人の前に再び現れた時から「これ、亡霊だよね」と思っていたらその通り物語が進むのもいかにも歌舞伎らしい。
病のため「足萎え」になってしまった夫を荷台に乗せて初花が引っ張るところとか、どこかで観た感もありますが、役者さんたちの熱演でおもしろく拝見しました。
七之助さん初花の夫や母を思う健気さ、か弱い中の思いの強さ。
勘九郎さんの足が急に治って、ぴょんと人形みたいに立って、秀太郎さん早蕨が「クララが立った~」みたいになるところでは笑いが起こったりも。


続きがあります
posted by スキップ at 23:14| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月03日

買い初めは空の上


飛行機で上京といえばもれなくついてくる(←)スカイショッピング。
JAL SHOPの掲載商品の更新は2ヵ月ごとなのですが、1月になったばかりということもあって
「昨日より全商品新しくなりました」というCAさんの機内アナウンスに期待も高まります。


watch.jpg  feiler.jpg


最初に左側の腕時計が目に入り、買おうかな~と思いながらページをめくると
右のFEILERのハンカチがと目にとまりました。
飛行機や富士山、エッフェル塔や自由の女神など旅をイメージするシーンやグッズを描いたJALオリジナルデザイン。かわいい~
少し迷ったのですが、「ええい!自分へのお年玉じゃ!!」と2点とも購入。

今年のショッピングはじめです。
新年早々やっちゃった感ありますが、商品はどちらもとても気に入っているのでご満悦。



腕時計もハンカチもどれほど持ってんだって話ですよ の地獄度 (total 1855 vs 1857 )

posted by スキップ at 23:24| Comment(2) | shopping | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2018年 エンタメ始動です


image2 (3).jpg

東京へ行ってきました。
2018年のエンタメはじめで遠征はじめです。

37年ぶりとなる高麗屋三代襲名。
絶対に初日にお祝いしたいと心に決めていました。
初日、襲名、迎春が重なって歌舞伎座のロビーはとても華やか。
熱を帯びた舞台はとてもすばらしく、満員の客席の一員となって一緒にお祝いできたこと、
本当に幸せなことでした。
日ごろから交流させていただいているたくさんの歌舞伎好きお仲間、高麗屋贔屓の皆さまとも
お目にかかることができて幕間も楽しい時間を過ごしました。

画像は上京する飛行機の窓から写した雲海。
東側の席でしたので残念ながら富士山は見えなかったのですが、まぶしいくらい太陽が
輝いていて何だかおめでたい感じ。



2018年 エンタメスタートは上々 のごくらく度 (total 1855 vs 1856 )


posted by スキップ at 23:51| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけまして 2018年


image2 (2).jpg

あけましておめでとうございます。
大阪は青空が広がって、穏やかで気持ちのよい年明けでした。

2017年に「変」という字を充てましたが、お正月はつとめていつもと変わらないように過ごしたいと、のんびりと朝風呂に入って、お屠蘇とお雑煮とおせちをいただいてからゆるゆると初詣に参上し、御神酒もいただいてまいりました。
そんなふうに変わらない日常を過ごせることがどれほど幸せなことかを思いながら。

昨年は「勇気」をキーワードに掲げて「小さなことでも一つひとつ勇気を持って対峙したいと考えています」とこの場で宣言したワタクシ。
まぁ、いろんな意味で勇気を振り絞ったよね
自ら果敢に立ち向かったと思えることもあれば、やむにやまれず切羽詰まって振り絞った勇気も。
本来の目標とは少し違った形になったかもしれませんが、ある意味、年頭の初志は貫いたということになりましょうか。


さて、そんなワタクシの2018年のキーワードは「腹をくくる」。

斎藤茂太さんの著書に「あせらない練習」という本があって、「後でではなく今すぐ片付ける」「やるべきことは締切りより前に仕上げる」「ないものねだりはしない」「イヤなことを先のばしにしない」などなかなか耳が痛い示唆に富んだ内容でおもしろく拝読しました。
中でもとても印象に残ったのが、「人は同じ時間に二つも三つも同時に道を歩むことは出来ない。どれか一つの道を選択して歩む、その連続が人生」というもの。
「今最善と思われる道を見つけ、そこを歩んでいこうと腹をくくることが一番大切」と続いていて、その意味ではまだまだ私は腹がくくれていないなぁと感じ入った次第です。、

人生という大層なステージでなくても日々の暮らしや仕事の中で選択しなければならないこと、自分にとって、周りの人にとっての最善を見極めなければならない場面は多々あります。
そんな時、きっちり腹をくくって自分の選んだ道に誇りと自信、そして責任を持てる人間でありたいと思うのです。

生来小心者でどちらかといえば石橋を叩いても渡らないような私ですが、2018年が終わるころには、どれくらい腹をくくった姿をお見せできるか、乞うご期待!?


2018年が皆さまにとりまして、明るく幸せに満ちた年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。



posted by スキップ at 23:18| Comment(6) | diary | 更新情報をチェックする