2018年01月23日

白いごはんがおいしいと幸せ 「釜戸ダイニング&雑貨 縁」


en1.jpg

「かまどで炊くごはんがすっごくおいしいお店があるの」と先日友人が誘ってくれたお店。
パン好きだけど白いごはんもたまらなく好きなワタクシ、喜び勇んで行ってまいりました。


釜戸ダイニング&雑貨 縁
大阪市中央区上本町西2-6-24
tel: 06-6763-0110

空堀商店街の東側を少し歩いて左に曲がった熊野街道沿いにあります。
築100年以上の町家をリノベーションしたお店は情緒たっぷり。
入口を入ると手前にテーブル席、奥に厨房とカウンター、階段を下りて地下にお部屋がありました(本当はそこが1階らしい)。


en3.jpg

厨房の手前にかまどがデーンとあります。
湯気があがってました。


en6.jpg

出てきたごはんがこちら。向うにあるのはおこげです。
お米がひとつぶずつ立っていて、ほんのり甘くてとてもおいしい。
おかずなくても一膳くらい軽く食べられそう。
白いごはんがおいしいとそれだけでとても幸せ。

この日は日替わりランチをいただいたのですが、ごはんがあまりにおいしそうでがっついて食べたのでお料理の写真はありません
メインは肉どうふ。それに小鉢が何点かとお味噌汁つきで900円。


en4.jpg

テーブルにはテイクフリーの卵が置いてあって、卵かけごはんにするこごともできます。
雑貨店も兼ねているので、趣きある食器やお箸なども販売していて、見ているだけで楽しい。
お魚が得意だったり、名物はホウ葉焼きだったり、日本酒もいろいろあるようなので、次回はぜひ夜に伺いたいと思います。



それにつけても谷町六丁目 奥が深い のごくらく度 (total 1866 vs 1867 )

posted by スキップ at 22:04| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

It all began tonight 宙組 「WEST SIDE STORY」


wss.jpg宙組新トップスター 真風涼帆さん・星風まどかさんのプレお披露目公演。

この公演は今年7月~8月 梅田芸術劇場での上演も予定されていて、「大阪に来るまでガマン」するつもりででした。
ところが、「アニータ: 和希そら」とキャスト発表されて、「それ絶対観たい!」となり、別箱公演なので梅田でそらくんがアニータやるって保証はないじゃない、と。
その時点で各種先行は終わっていましたので、一般発売で気合入れてチケット取りました。
(実際に観た後は「そらくんアニータ続投」を確信していますが。)


宝塚歌劇宙組公演
MUSICAL 「WEST SIDE STORY」
原案: ジェローム・ロビンス
脚本: アーサー・ロレンツ 
音楽: レナード・バーンスタイン   作詞: スティーブン・ソンドハイム
(オリジナルプロダクション 演出・振付: ジェローム・ロビンス )
演出・振付: ジョシュア・ベルガッセ   演出補・訳詞: 稲葉太地
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  松風輝  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら  瑠風輝   夢白あや/英真なおき ほか

2018年1月17日(水) 11:00am 東京国際フォーラム ホールC 
2階10列(1列目)センター (上演時間: 2時間55分/休憩 25分)
  


「ウエストサイド物語」の映画は何度か観ていて、楽曲もすべて知ってる!と言える曲揃い。
I like to be in America Okay by me in America の「America」や「Tonight」なんて原語でフルコーラス歌えそうな勢いです。
そういえば「映像全編観ながら音楽部分を生のフルオーケストラで演奏」というのも佐渡裕さん指揮で観たぞ、と検索したら、2012年9月でした(感想はこちら)。

宝塚歌劇では1968年に月・雪組合同で上演され、1998年 月組、1999年 星組と再演されて今回が4演目です。

その宝塚版を含めて舞台で観るのは今回が初めて。
全体的な印象として「映画をそのままうまく舞台に乗せている」と思ったのですが、よく考えたら、先にブロードウェイのミュージカル(1957年初演)があって、それを映画化されたのが1961年なので、映画の方が「舞台をそのままうまく映画化している」ということになりますね。

幕開けのオーケストラのOvertureから、ニューヨーク ウエストサイドの午後5時。
ジェッツとシャークスの面々が指を鳴らして踊り始めたら背中がゾクゾクしました。
本当にあの「ウエストサイド物語」の世界が目の前で展開されるのですから。

映画から抜け出して来たような、飾りのないシンプルなデニムにヒールのない普通のスニーカーを履いて踊る宙組男役たちのカッコいいこと。
決闘へ向かう時の Tonight の迫力。
高架下のフェンス超え。すごいな、あれ。どんな身体能力してるんだか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

カガミのアナタはホントのワタシ 「かがみのかなたはたなかのなかに」


kagaminokanata.jpg子どもたちでにぎわうロビー。
ゆるりとコーヒー飲んでいたら、白い海軍士官の軍服を着た兵隊さんがロボットのような歩き方で一直線に近づいて来て、私の前にいたお子さんに向かって表情も変えずに敬礼。「え!?長塚さんじゃん!!」と横でコーヒーカップ落としそうになる私。

その後、他の3人の出演者の士官さんが次々と同じようにロビーに現れ、松たか子さんの透明感ある美しさに見とれて壁に張り付いていたら、あたりに子どもさんがいなかったからか、はたまた子どもと間違われたのか、私に向かって敬礼してくださって、ますますテンション上がった開演前でした。


「かがみのかなたはたなかのなかに」
作・演出: 長塚圭史
振付・音楽: 近藤良平
出演: 近藤良平  首藤康之  長塚圭史  松たか子

2018年1月13日(土) 11:00am 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階H列センター  (上演時間 85分)



「未来のおとなと、かつての子どもたちへ」
とフライヤーのライナーに書かれているとおり、子どももおとなも一緒に楽しめる演劇シリーズとして、2015年に上演された舞台の再演です。

1階席前方5列目くらいまでは「子どもゾーン」でお子さまと保護者優先席となっていたり、開演前の諸注意も係員に扮した役者さん(?)2人がユニゾンで行ったりと、子どもさんの観客を意識した凝った趣向の舞台。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

僕に命を返して  宙組 「不滅の棘」


fumetsu.jpg愛月ひかるさん 二度目の主演公演にして初めての東上付き別箱主演。
演じるのは348歳(!)の男。


宝塚歌劇 宙組公演
ロマンス 「不滅の棘」
原作: カレル・チャペック   翻訳: 田才益夫
脚本・演出: 木村信司
出演: 愛月ひかる  美風舞良  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  留依蒔世  遥羽らら  華妃まいあ  ほか

2018年1月10日(水) 4:00pm シアター・ドラマシティ 17列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「マクロプロス事件」をベースに主役を女性から男性に置き換え、2003年 花組 春野寿美礼さん主演で上演された作品・・・ということですが、初演は観ていなくて、もちろん原作も読んだことはなく、全くの初見です。

16世紀の神聖ローマ皇帝ルドルフ二世の侍医であった父が皇帝の依頼で完成させた不老不死の薬を自分の息子であるエリイ(愛月ひかる)に飲ませ、永遠の命を得たエリイは300年以上も若さと美しさを保ったままそれぞれの時代を名前を変え、職業を変えながら生き続ける・・・という物語。


描かれるのは3つの時代。
1603年 ギリシャ・クレタ島。
父が殺された後、18歳のエリィが不老不死の薬を飲まされていたことを知って、「僕はもう人間じゃない。父さん、僕に命を返して!」と叫ぶ冒頭のシーンが切ない。その後の物語もエリイの生き方も、このニヒリズムに支配されているように感じました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

やっと食べた! 「やわらかシロコッペ」


image1 (7).jpg  image2 (7).jpg
  
JR天王寺駅コンコースの一角にこんなお店が出現したのは昨年11月の半ばごろでした。
以前はコールドプレスジュースのショップ。時の流れを感じますな。

コメダのシロコッペのうわさは聞いていて、大阪でも食べられるとはうれしやと思ったのですが、例にもれずいつも行列ができていて、「ふーん」と横目で見ながらスルーしていました。
が、それも年が明けると落ち着いて、平日は並ばなくても楽々買えるようになったのでした。


コメダ謹製 「やわらかシロコッペ」

image1 (6).jpg

こんな感じのテイクアウト専門ショップです。
ショーウィンドウにはたくさんの種類のシロコッペがズラリ。

和コッペ: 小倉マーガリン  小倉あん  抹茶小倉ホイップ など 6種類
洋コッペ: リッチカスタード  クッキー&バニラ  粒入りピーナッツ など 6種類
おかずコッペ: ポークたまご  ポークポテサラ  ツナたまご など 7種類

と3つのグループに分かれています。



image1 (2).jpg  image2.jpg
コメダといえば小倉マーガリンでしょ、というところではありますが、大人気!とポップがついていた「クッキー&バニラ」と「ツナポテサラ」をチョイスしました。

独自の低温発酵で生地を膨らませ、低温でじっくり焼き上げたという白いコッペパンはふんわりしっとりもちもちしていて、いかにもナマ食向きのパンでとてもおいしい。手に取るだけで幸せな気分になります。
基本的に甘いパンが苦手な私ですが、アイスクリームのクッキークリームは大好きなのでこのパンとの組み合わせはもちろんOK。ツナポテサラも安定のおいしさで、いくつでも食べられちゃいそうです。
今度は「ポークたまご」あたりを食べてみたいな。



関西初出店だけど1月31日までの期間限定 のごくらく地獄度 (total 1863 vs 1865 )




posted by スキップ at 22:40| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

やまない羽音 「欲望という名の電車」


yokubo2018.jpg「欲望という名の電車」のブランチといえば、文学座の杉村春子さんの当たり役として知られていますが、私が初めてナマで観たブランチは大竹しのぶさん。2002年でした。

蜷川幸雄さんの演出で、スタンリーは堤真一さん、ステラ 寺島しのぶさん ミッチ 六平直政と、思い返しても非常に豪華キャスト。
シアター・ドラマシティの通路側の席で観たのですが、上半身白いランニングシャツ一枚で上腕二頭筋をさらけ出した堤真一さんが真横に立った時、あまりのカッコよさ、色っぽさに客席がざわめいたことを今でも鮮明に覚えています。

大竹しのぶさん二度目のブランチ。
演出は、フィリップ・ブリーン。
大竹しのぶ x フィリップ・ブリーン x テネシー・ウィリアムズ といえば
「地獄のオルフェウス」(2015年)と同じですね。


シアターコクーン オンレパートリー2017
DISCOVER WORLD THEATRE vol.3
「欲望という名の電車」
作: テネシー・ウィリアムズ  
翻訳: 小田島恒志
演出: フィリップ・ブリーン
美術: マックス・ジョーンズ
出演: 大竹しのぶ  北村一輝  鈴木杏  藤岡正明  西尾まり ほか

2018年1月7日(日) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール B列センター
(上演時間: 3時間17分/休憩 20分)



物語の舞台は第二次世界大戦後のアメリカ ニューオリンズのフレンチクォーター。
ステラ(鈴木杏)とスタンリー(北村一輝)夫婦が暮らすこの町に、ステラの姉のブランチ・デュボア(大竹しのぶ)が訪ねてきます。「欲望」という名の電車に乗って、「墓場」という名の電車に乗り換え、「天国」という名の駅で降りて・・・。
姉妹は南部の大農園で育った古きよき時代の上流階級の出身でしたが、家屋敷を手放した傷心のブランチをステラは温かく迎え入れ、3人の奇妙な同居生活が始まります。が、新しい土地に救いを求めてやってきたはずのブランチは、スタンリーとの軋轢によって過去の傷を暴かれ、やがて狂気へと破滅していきます。


続きがあります
posted by スキップ at 22:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする