2018年01月31日

その路の先にあるものは 雪組 「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」


hikarifuru.jpg雪組トップ 望海風斗さん。真彩希帆さんお披露目公演。
ただ今絶賛東京公演中ですが、私が観たのは1ヵ月以上も前の宝塚大劇場です。

宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル 「ひかりふる路 ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」
作・演出: 生田大和
レヴュー・スペクタキュラー 「SUPER VOYAGER!」
-希望の海へ-

作・演出: 野口幸作
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  梨花ますみ  彩凪翔  朝美絢  永久輝せあ/夏美よう  沙央くらま ほか

2017年11月14日(火) 11:00am 宝塚大劇場 1階27列下手/
12月7日(木) 11:00am 1階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



「ひかるふる路」

宝塚歌劇の登場人物としては超有名人のマクシミリアン・ロベスピエール。
フランス革命を背景に、「自由・平等・博愛」という理想に燃えた若者が頂点へ上りつめ、恐怖政治へと駆り立てられ仲間を粛清し、自ら破滅する物語。

ルイ十六世の裁判、処刑から始まり、ジロンド派の陰謀によって盟友であるダントン(彩風咲奈)との間に亀裂が生じ、彼を排除して恐怖政治の独裁者へと進んで行くロベスピエール(望海風斗)。
それと平行して、革命で家族や婚約者を殺され、ロベスピエールに殺意を抱いてパリへやってきた貴族の娘・マリー=アンヌ(真彩希帆)との運命的な恋が描かれています。
フランク・ワイルドホーン全曲書き下ろし、という、「歌えるトップコンビ」にこの上ない贅沢な作品。
聴き応えのある楽曲を望海さん、真彩さんが歌いあげて耳福。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

柚希礼音さんから学ぶ、輝き続けるためのライフスタイルの秘訣


careerjuku.jpg通常は東京で開催される「丸の内キャリア塾」がスペシャルセミナーとして大阪開催。
しかも登壇者は柚希礼音さんということで、張り切って申し込んだところ無事当選して行って参りました。

丸の内キャリア塾 スペシャルセミナー in 大阪
「柚希礼音さんから学ぶ、輝き続けるためのライフスタイルの秘訣」
出演: 柚希礼音  竹下典子

2018年1月29日(月) 6:20pm 
サンケイホールブリーゼ 1階D列下手(自由席)
(講演時間: 1時間30分)



全席自由席で16:00受付開始、それより前には並ばないように、ということでしたが、きっとみんな早くから行くんだろうなぁ、仕事帰りの私にはとてもそれは無理と早々に戦線離脱。
ゆるゆると会場に到着したのですが、まだ前の方にもぽつりぽつりと空いている席があって首尾よく4列目に滑り込みました。聞くところによると最前列センターの人たちは1時ごろからいらしていたそう。

昨日「マタ・ハリ」の大阪千秋楽を終えたばかりの柚希さん。
白地に細かい千鳥格子のパンツスーツで登場。ボタンが大き目のパールでとてもおしゃれ。
パンツはアンクル丈より少し短めのワイドパンツで、素足に黒いヒールのように見えました。
耳にはラインストーン散りばめた大きなキラキライヤリング。マタ・ハリ同様 真紅のマニュキュアをしていらっしゃいました。

竹下典子さんの質問に応える形でのトークは宝塚時代から退団後の活動、ライフスタイルや美容と健康についてなど、これまでいろんな場面で聞いたことがあるお話しもありましたが、「へぇ~」となることも多く、相変わらずあの激しい舞台からは想像もつかないほんわかムードのトークは終始楽しくて笑いにもあふれて、あっという間に時間が過ぎました。

今日のセミナーの内容は3月に日経新聞紙上やウェブサイトでも公開されるそうですので、楽しみに待つとして、以下は個人的に印象に残ったことの備忘メモ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

祝「マタ・ハリ」大阪千秋楽 @World Wine Bar


image2 (4).jpg

本日は「マタ・ハリ」大阪千秋楽。
わずか8日間の大阪公演でしたが、2日目に観た時からさらに深化してすばらしい舞台でした
・・・という感想はまた改めさせていただくとして、千秋楽観劇 からの 柚希礼音さん Home Party からの 柚希友 parcoさんと千秋楽打ち上げです。
伺ったのはこちら

World Wine Bar by Pieroth
大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル2F
tel: 06-6485-7108

ドイツのワインメーカー Pieroth(ピーロート)がやっているワインバー。
グランフロント大阪 北館の2階にあります。
いわゆるレストランフロアーではないのでいつも空いているイメージ。
照明を少し落としてあって、テーブル間もゆったり。どこも混雑しているグランフロント大阪の中にあってくつろげる穴場的空間です。



image1 (8).jpg image2 (5).jpg

まずは泡でカンパイ。
これお約束。
メニューとは別の本日おススメのシャンパーニュをいたただきました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

阿弖流為オフ


ateruibr.jpg歌舞伎NEXT 「阿弖流為」のBlu-ray・DVDが発売された1月10日。
TwitterやInstagramを通じて、またリアルでも仲良くしていただいているぶんさんの、「大阪でデュアルプロジェクター観られるところで阿弖流為オフ会やるぞーって言ったら何人ぐらい来てくれるかしら」というつぶやきに「ハイッ!」と手を挙げた人がすぐに4人集まって、即実行が決まり、日程調整も場所の予約もみんなへの連絡もBlu-ray持ってくるのもぜーんぶ ぶんさんがやってくれて、本日、5名のオフ会でした。

まずは私が持参した新感線版「アテルイ」DVDのさわりの部分を観ていただいて、「染ちゃん若いよね~」「堤さんもカッコいいよね~」とウォーミングアップ。
2002年上演なので16年前。そりゃ若いし、少しとんがってる感もある阿弖流為がまたカッコいいんだ



そしていよいよ本編。

image1 (9).jpg

梅田の某カラオケボックスなのですが、壁二面の大画面にこんなふうにBlu-rayの映像がデュアルに映し出されます。


image2 (2).jpg

立烏帽子もデュアルで。


舞台7回観て、シネマ歌舞伎も2回観た「阿弖流為」ですが、何度観ても楽しいし切ない。
映画館のスクリーンほどではないにしてもすごく近い大画面で迫力満点。
阿弖流為や田村麻呂が登場すると「ひゃ~」とか「カッコイイ~」とか声に出したり、みんなであれこれ話しながら観るの、とても楽しかったです。


image1 (2).jpg

阿弖流為と田村麻呂が両花道で対峙して初めて自分の名を名乗り合う場面。
何度観ても泣ける。


それぞれ贔屓が違えば着眼点も違っていて、また新しい発見があったり。
「わが名を問うか、阿弖流為」から始まる荒覇吐覚醒の場面。
「私は森であり、山であり、この日高見の国である」からの「神とは口惜しいのう」「蝦夷の長も口惜しいわ」「口ばっかり」まではみんな黙って画面を注視。
七之助さん荒覇吐の神々しさよ。

合間には、配役日程が発表されたばかりの松竹座「ワンピース」をはじめ「阿弖流為」以外の歌舞伎や他の舞台、役者さんの話など、お話は尽きず、画面観たりしゃべったり飲んだり忙しい



カラオケボックスに4時間入り浸り の地獄度 (total 1867 vs 1870 )


posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

新春浅草歌舞伎 第2部


asakkusa2018.jpgすごーく積極的に観たいというほどではないけれど、いつも興味はある浅草歌舞伎。
昨年は松竹座で二月に花形歌舞伎があるからと浅草はパスしましたので2年ぶりです。

新春浅草歌舞伎 第2部
2018年1月17日(水) 3:00pm 浅草公会堂 
3階ふ列センター


お年玉〈年始ご挨拶〉
中村種之助


すぐ次に出番があるので白塗りのお顔での登場です。
ハキハキきっちりお行儀よく、演目の解説などを。
「この説明で足りなければ、ロビーにはプログラムもございます」としっかり販促もして、「お客様にお願いしたいのは携帯電話の電源を切ることだけ」と(笑)。


一、操り三番叟
出演: 中村種之助  中村隼人  中村梅丸  中村錦之助
(上演時間: 30分)


「操り三番叟」は三番叟の中でも好きな演目で、これまでいろんな人の踊りを観ましたが、踊り巧者の種之助くんの三番叟もさぞかしよかろう、と期待していました。
若々しくキレのある踊りで操られぶりも巧み。ふわりと飛び上がるところなんて、軽々していて音もたてずに着地(というのか?)していました。
キリリとしたイケメンの梅丸くん後見との息もぴったり。
ラスト、三番叟があげた片足をゆらゆらさせるイメージがあるのですが、種之助くんは静止したままでした。
お家によって型た違うのかしら。

翁が中村錦之助さん、千歳を中村隼人くんという、史上最強?の美形翁千歳。
美しい2人の優雅な動き。は~、清められたワ、な眼福の一幕でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

ビタミンフルーツサンド @PANCAKE DAYs


image3.jpg

本日は劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season 月」下弦の月 ライブビューイング。
12:30開映でしたのでランチを食べそびれてしまって、次の予定に向かうのにおなか鳴りそうだったのでこちらに寄り道。


PANCAKE DAYs
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス近鉄本店 ウイング館8F
tel: 06-6654-9456

こちらのお店は近鉄アート館のお隣にあってよく前を通っているのですが、子ども服のフロアで
いつもお子様連れでにぎわっているのを横目で見て敬遠していました。
平日の夕方ならさすがに、と思って行ってみたら・・・カップルでいっぱいでした


image2 (3).jpg

ビタミンフルーツサンド。
サンド?と思いますが


image1 (3).jpg

こんな感じ。
フルーツサンドイッチのパンケーキバージョンといったところでしょうか。
直径10cmくらいのコンパクトサイズ。パンケーキも生クリームも甘さ控えめであっさり、フルーツたっぷりでサクサク食べられちゃいます。
おいしかったです~



とはいうものの、午後5時にこれってどーなの? の地獄度 (total 1866 vs 1868 )





posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする