2017年12月31日

ありがとう 2017年


image1.jpg

2017年も残すところ30分。
いつも言っていますが、本当に時間の流れが速くて眩暈がしそうです。

毎年「今年の漢字」なるものが発表されていますが、私の2017年を漢字一字で表すなら 「変」。

公私ともに変化があって、よくも悪くも無風状態でずっと低値安定だったここ数年とはくっきり違う年となりました。
予定していたものもあれば予期せぬ変化もあって、特に夏以降は歯をくいしばらなければならないような場面もしばしば。

それでも
周りの人たちの温かい思いに支えられたり、他のことは全部忘れて夢中になれる舞台があったりして何とかひと山ひと山乗り越えてきました。
新しい出会いもたくさんあったり、旧友とのうれしい再会、繋がりができたり。

そして
こうしてのんびりブログを書きながら新しい年を迎えるという、いつもと変わらない大晦日の夜を過ごせる幸せに感謝。


身近な人たちはもちろん、このブログやTwitter、Instagramを通じてコミュニケーションさせて
いただいた皆さま、劇場でお目にかかったりアフターをご一緒させていただいた皆さま、今年も楽しくおつき合いいただきありがとうございました。

画像は2018年のわが家のキッチンのカレンダーに選んだ米津祐介さんの「日々の暮らしの、和のもの12ヵ月」の1月の絵柄。
この招き猫に導かれて、来るべき2018年が皆さまにとりまして幸せに満ちた年となりますように。
どうぞよいお年を!


2017年ありがとう の感謝の気持ち countless!

posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2017年 エンタメモリー総括


2017年 最後の1日となりました。
やらなければならないことは他にもたくさんあるのですが、スキップ的にこれをやらないと
年を越せない気分ですので、お約束の2017年エンタメモリー総括。

観劇はじめライブ、ディナーショー、トークショー、映画などを含めて
今年のエンタメ総数は170本。そのうちリピートが27本ありますので
純粋な数となると143公演。
昨年はそれぞれ、163本、140公演でしたが、今年は特に後半、チケットを取っていても観に行けなかった(あるいは気持ちが向かずに行かなかった)公演が10本以上ありますので、昨年よりかなり減ったはず、と思っていたのに、増えとるがな
行かなかった公演、全部観てたらどんなことになっていたでしょう。

内訳は

歌舞伎・伝統芸能      48本  (3)
演劇・ミュージカル     63本  (6)
宝塚歌劇           45本 (15)
Music            7本  (3)
映画             1本
その他            6本  
計             170本 (27)

(  )内はリピート数。
歌舞伎・伝統芸能、演劇・ミュージカル、宝塚歌劇と3つのジャンルを万遍なく観ているのは例年通り。
相変わらず宝塚歌劇のリピート率が高い上に、本数、リピ回数とも昨年より増えています。
Musicが例年になく多いのは、柚希礼音さんのソロコンサート「REON JACK 2」をここに入れたから。


続きがあります
posted by スキップ at 15:45| Comment(4) | TrackBack(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする