2017年12月16日

2年越し BURDIGALAのシュトーレン


image2.jpg

1年前の今ごろだったでしょうか。
いつも宝塚歌劇をご一緒させていただく素敵なお姉様が、「私、シュトーレンはそれほど好きじゃないけど、ブルディガラのだけは美味しくて毎年買うの。人気ですぐ売り切れちゃうのよぉ」と、休憩のおやつに切り分けたシュトレーンを持ってきてくださいました。

BURDIGALA は私も大好きなブーランジェリーでよくパンやサンドイッチを買いますが、シュトーレンには全く興味がなくて(というよりむしろ苦手な範疇に入る)、それまで気にとめたこともありませんでした。
それがね、本当にとてもおいしかったのです。
私のそれほど多くないシュトーレン食べた経験の中でダントツ1位。

その時、「よーし。来年は私もブルディガラでシュトーレン買って、クリスマスまでに毎日一切れずつ食べるぞ!」と心に決めたのにすっかり忘れ去っており

ところが

サンケイホールブリーゼで観劇する時、会社帰りなどで時間がない場合はハービスのブルディガラでキッシュ買ってブリーゼのロビーで開演前にササッと食べる、というのをよくやるのですが、金曜日、矢野顕子さんのコンサートにブリーゼに行くとなったら、俄然思い出したよね、シュトーレンのこと。

12月も半ばだし、もう売り切れているかしら、と思っていたら、「数量限定販売」と書かれていて、大きい方はすでに完売していましたが、お手軽な小サイズは残っていました。
うれしくて5本一気買い(!)して、コンサートご一緒した友人や日ごろお世話になっている方々へのプレゼントにしたのでした。
もちろん1本は自分用。2年越しの念願成就であります。


image1.jpg

ちなみにこのリボンの色で何か違いはあるのかとお店の方に伺ったところ、「特に意味はないのでお好きな方をどうぞ」ということでした(^^ゞ

ドイツのドレスデン地方に伝わるクリスマスの 伝統菓子シュトーレン。
ブルディガラのシュトーレンは、表面の粉砂糖が厚めで結構甘いものの、洋酒に漬け込んだレーズン、イチジク、オレンジピール、レモンピールといったフルーツとナッツがたっぷりで香りも味も豊潤。
スパークリングワインにも合いそう。
シュトーレンといえばパサパサで固いイメージがありますが、パン生地そのものがおいしいのもさすがブルディガラだなぁと思います。


おいしくて1日一切れで済まず、クリスマス前にとっくになくなってしまいそう のごくらく地獄度 (total 1850 vs 1854 )




posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする