2017年12月14日

仔猫でジゴロ 月組 「Arkadia -アルカディア-」


arkadia.jpg「ありちゃん カワイイ」と、いつも月組公演をご一緒するお姉さまがたに評判の高い月組の御曹司 暁千星くん。
もちろん私も大好きでずっと注目しています・・というか、注目していなくてもありちゃんは群舞でもすぐ目に入ってくるくらい華があります・・が、「ありちゃんはいつ大人(のオトコ)になるんだろう」とずっと思っていました。
「1789」でフェルゼンやった時も、「激情」でエスカミリオやった時も、「All for One」でポルトスやった時も。

やっと会えたよ、ちょっぴり大人なありちゃんに。


宝塚歌劇 月組公演 「Arkadia -アルカディア-」
作・演出: 樫畑亜依子
出演: 暁千星  美園さくら  光月るう  夏月都  白雪さち花  
貴澄隼人  晴音アキ  輝生かなで  風間柚乃  結愛かれん ほか
 
2017年12月7日(木) 2:30pm 宝塚バウホール 9列上手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)



物語: 1970年代のフランス。
雨の中、行く宛もなく道端に倒れ込んでいた青年は、ナイトクラブ「アルカディア」の花形ダンサーであるダリア(美園さくら)に拾われ、家に泊めてもらってミネット(暁千星)と名付けられてアルカディアでで働くようになります。やがてダンスの才能を見い出され、トップダンサーとなりますが・・・。


宝塚のオリジナル作品って基本あて書きですが、これはまさしく「暁千星のために作品」という感じ。
ダンサー 暁千星と、少年っぽさを残すありちゃんの魅力を織り交ぜたミネットの成長物語になっていました。
物語としては、ミネットの出生の秘密・・というか母親との確執や母親とミネットの実の父、そしてその父と今の妻との関係などが明らかになるあたりから「どんな人間ドラマだよ」という雰囲気になって、そんな中で人間として成長するミネットとダリアの恋物語もあり、と結構盛りだくさんで、おもしろかったけれど特に二幕はいささか急ぎ足感がありました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする