2017年12月11日

ドラマチックに非ず 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」


rosencrantz.jpgトム・ストッパードが1966年に発表した戯曲。
彼の戯曲の中で最も有名な作品の一つと言われています。

学生時代に原書、翻訳取りまぜてシェイクスピアの全作品を読んだことは以前にも書きましたが、その頃、「ハムレット」とともにこの戯曲も読んだことがあります。
ですが、正直のところとても読み辛くて、全くおもしろさがわかりませんでした。

だから、ずいぶん前(調べたら1997年でした)、鵜山仁さん演出、ローゼンクランツ: 古田新太、ギルデンスターン: 生瀬勝久、旅芸人一座の座長: 加納幸和という豪華キャストで上演された時も何となく尻込みしてしまって観に行かなかったことを今でも後悔しています。


シスカンパニー公演 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
作: トム・ストッパード
翻訳・演出: 小川絵梨子
出演: 生田斗真  菅田将暉  林遣都  半海一晃  
安西慎太郎   松澤一之  立石涼子  小野武彦  ほか

2017年11月23日(木) 7:00pm 世田谷パブリックシアター 1階C列(最前列)センター
(上演時間 2時間30分/休憩 10分・10分)



開演前。
舞台上で大道具さんがあちこちで何やら作業している風。
「この人たちも出演者なのかしらね」と思っていると、やがて彼らが中央にある衝立を運び去るとその陰から現れたのはローゼンクランツとギルデンスターン。
地面に座り込んでコインゲームに興じています。

これが何度やっても表が出て、ずっとローゼンクランツが勝ち続けるあたりからすでに不条理の香りが・・・。

デンマーク王子 ハムレット(林遣都)が正気を失ったらしいと、彼の義父である国王クローディアス(小野武彦)から呼び出され、真偽を探るよう言い渡される学友のローゼンクランツとギルデンスターン。
その使命は果たせず、訳もわからないままハムレットと共に船で英国に向かうことになりますが、「ハムレットを殺せ」と記されたイングランド王への手紙はすり替えられていました・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする