2017年12月10日

愛を知った宇宙人 「散歩する侵略者」


sanpo.jpgイキウメの代表作とされる作品。
2005年に初演されて4演目ですが私は今回初見でした。

前川知大さんお得意の、日常にヒタヒタと入り込んでくるような少し不思議なSFホラー。
少しずつ謎が解けていく物語をとてもおもしろく観ながら、「この物語はどこに帰着するんだろう」とずっと思っていました。
そして、ラスト。
目の前の展開に、もう胸がいっぱい。周りは涙ぬぐう人続出。もちろん私も。ヤラレました。前川さん、お見事です。


「散歩する侵略者」
作・演出: 前川知大 
美術: 土岐研一   照明: 原田保 
出演: 浜田信也  安井順平  盛隆二  大窪人衛  森下創  
内田慈  松岡依都美  板垣雄亮  天野はな  栩原楽人  

2017年11月25日(土) 1:00pm ABCホール A列センター
(上演時間 2時間10分)



日本海に面した小さな町。
夜店で売っているようなビニール袋に入れた金魚を持って海を眺める裸足の男がジャーナリストの桜井(安井順平)と出会うところから物語は始まります。
男の名は加瀬真治(浜田信也)。3日間失踪の後まるで別人のようになって、脳の障害と診断されて妻の鳴海(内田慈)や彼女の姉夫婦(松岡依都美・板垣雄亮)に見守られ、毎日散歩に出かけて少しずつ元の自分を取り戻していくようにも見えました。
一方、同じ町で凄惨な一家心中事件が起こる中、桜井は、天野真(大窪人衛)という高校生と知り合います・・・。

という物語。
・・・と見せておいて実は「宇宙人」が侵略してくる話。
地球を侵略するために、まずは事前に情報収集するメンバーを送り込んできたのでした。
名前を一応「宇宙人」としている彼らは実体を持たず、生き物の体に入り込みます。脳ごと乗っ取っているので記憶はそのままで言葉も普通に話せます。が、言葉が意味する「概念」がわからないため、地球人からその「概念」を学び取ります。
たとえば「家族」、たとえば「所有」、たとえば「禁止」。
その概念を宇宙人に吸い取られた人間はその概念を失ってしまうのでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする