2017年11月30日

吉例 顔見世大歌舞伎 夜の部


image1 (2).jpg   image2.jpg

「あら、今日は歌舞伎座に櫓があがってるのね」と思ったら、顔見世だからなのだと気づきました。
祝樽も飾られて、新春のような雰囲気。
やはり顔見世は「芝居の国のお正月」なのだと再確認した次第です。

吉例 顔見世大歌舞伎 夜の部
2017年11月12日(日) 4:30pm 歌舞伎座 3階2列センター



一、仮名手本忠臣蔵
 五段目  山崎街道鉄砲渡しの場   同 二つ玉の場 
 六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
出演: 片岡仁左衛門  片岡孝太郎  市川染五郎  坂東彦三郎  
片岡松之助  上村吉弥  坂東彌十郎  片岡秀太郎 ほか
(上演時間 1時間35分)


仁左衛門さんの勘平を観るのはもう何度目だろうというくらいよく観ているのですが、「一世一代」とは銘打っていないものの今回で最後、と漏れ聞くとやはりまだまだ観ていたいと思わずにはいられません。
特に六段目、勘平は着物を着替えたり腹を切ったり、ドキドキしたり嘆いたり覚悟したり、物理的にも精神的にもいろいろな所作や約束事が多いと感じるのですが、歌舞伎の様式美ともいうべき動きの中に、繊細な心理描写、細やかに変化する表情で勘平が息づいています。

続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする