2017年11月19日

1分1秒でも長くこの黒燕尾を 「朝夏まなとラストデイ ライブ中継」


manatolastday.jpg

「宙組の朝夏まなとです」
という開演アナウンスが聞こえた時からすでにウルウル。
やっぱり私、こんなにも朝夏まなとさんが好きだったんだと観ている間じゅうずっと感じたラストデイでした。


宝塚歌劇宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽
朝夏まなとラストデイ ライブ中継
「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「朝夏まなとサヨナラショー」

2017年11月19日(日) 1:30pm 大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間 4時間30分/休憩30分)



宝塚大劇場で2回観て、大劇場千秋楽ライブ中継も観ましたので詳細は控えます。
それぞれアップした感想は以下に。

「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「宝塚大劇場千秋楽ライブ中継」


「神々の土地」は本当に名作だと思います。
そこにサヨナラがオンされて、ラストの雪原のシーンなんて、この朝を最後に二度と会うことのないドミトリーとイリナにまぁくんとうららちゃんが重なってダダ泣きでしたが、サヨナラ公演ということを抜きにしても何回も観たい作品だったし、観れば観るほど好きになりました。
物語の展開も、凍りつくような雪原、大階段に真っ赤な絨毯を敷きつめた宮廷といった絵画的に美しい舞台装置も、上田久美子先生の演出が冴えわたっています。


お芝居ですっかり涙腺がゆるんでしまったので、「クラシカル ビジュー」も「サヨナラショー」も、「あれ?こんなに泣くショーだったっけ?」というくらい涙ナミダで観ていたのですが、やはり、ショーの黒燕尾の美しさにつきます。
終演後の記者会見で朝夏さんは「1分1秒でも長く、この黒燕尾を着ていたかった」と話されたとか。
特別な飾りのないシンプルな黒燕尾が長い手足に映えて、とても端正な朝夏さんの黒燕尾姿が大好きでした。
私は、私たちは、「1分1秒でも長く、その黒燕尾を見ていたかった」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする