2017年11月11日

この世に思いを絶って死ね 「リチャード三世」


richardⅢ.jpg物語の終盤 ひとり玉座にすわり、ぶつぶつと何ごとが呟くリチャード。
彼を取り囲む城壁模様の幕がぞわ~っという感じで動き始めゆっくり上がると、いくつもの扉。
この扉から、リチャードに殺された亡霊たちが一斉に現れ、マイクを持って歌うのです。

♪血と罪 罪に目覚め この世に思いを絶って死ね


沈められたバスタブから濡れたまま現れるクラレンスも
ゴミ袋に入った自分の首を下げたヘイスティングスも
ヨーク公とエドワード、2人の小さな王子たちも


今でも 
♪この世に思いを絶って死ね この世に思いを絶って死ね
のリフレインが耳に残っています。

あー、”Despair, and die!” だったのか、と気づいたのは終演後でした。
小田島雄志さん訳だと「絶望して死ね」
「この世に思いを絶って死ね」は木下順二さんの訳ですって。


「リチャード三世」
作: ウィリアム・シェイクスピア 
翻訳: 木下順二
演出・上演台本: シルヴィウ・プルカレーテ
演出補: 谷賢一
出演: 佐々木蔵之介  手塚とおる  今井朋彦  植本純米  長谷川朝晴  山中崇  山口馬木也  河内大和  土屋佑壱  浜田学  櫻井章喜  八十田勇一  阿南健治  有薗芳記  壤晴彦  渡辺美佐子/子役(Wキャスト) 松本拓海  小薬英斗  石田星空 ・ 兒玉拓真  塙智成  福島歩友

2017年11月4日(土) 6:00pm 森ノ宮ピロティホール B列(最前列)センター
(上演時間 2時間35分/休憩 15分)



佐々木蔵之介さんでシェイクスピアといえば、「マクベス」(2015年)が記憶に新しいところですが、あの作品に負けず劣らず、この「リチャード三世」もかなり斬新。
両作品とも外国の演出家+演出補 谷賢一さんという組合せ。


幕があがると城壁模様の垂れ幕に囲まれた部屋。
中央に横長のテーブルがあって、白いシャツ、黒いパンツ、顔には白塗りをほどこした男たちがシャンパングラス片手にホーンセクションの生演奏に合わせて体を揺らしています。
「あ、馬木也さんだ。やっぱ色っぽいな」「今井さん、あんなところにいる」・・と楽しみながら観ていたら、「今やわれらが不満の冬は去り~」といういい声が聞こえてきて、「あ、『リチャード三世』の台詞だ!」と思ったら目の前に蔵之介さんがすっくと立っていました。
そうして、クラレンスが手錠をかけられ連れて行かれるところから物語が始まります。


続きがあります
posted by スキップ at 22:28| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする