2017年11月07日

夜空にあまたの星 星組 「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」


berlin.jpg宝塚の大劇場公演は、初日開いてすぐ1回観て、終盤にもう1度観るというのを基本としています(もっと何回も観る公演もありますが)。

今回の星組公演、諸般の事情により、最初の方に取っていたチケットを手放してしまったので、公演の前楽がmy 初日、しかもA席から、1回だけの観劇となりました。


宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「ベルリン、わが愛」
作・演出: 原田諒
タカラヅカレビュー90周年
「Bouquet de TAKARAZUKA 」 (ブーケ ド タカラヅカ)
作・演出: 酒井澄夫
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  七海ひろき  壱城あずさ  如月蓮  
天寿光希  音波みのり  夏樹れい  瀬央ゆりあ  有沙瞳/凪七瑠海 ほか

2017年11月5日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階28列センター
(上演時間 3時間/休憩 30分)



「ベルリン、わが愛」

1927年のベルリン。
フリッツ・ラング監督(十碧れいや)の映画「メトロポリス」のワールドプレミアが開かれていますが、観客の評判は散々で失敗に終わり、制作会社UFAは倒産の危機に瀕します。
ハリウッドでは映画はサイレントからトーキーの時代に入り始めた時代。助監督のテオ(紅ゆずる)は自分が新作トーキー映画をつくる、とプロデューサーのカウフマン(七海ひろき)に申し出ます。テオは絵本作家の友人エーリッヒ(礼真琴)に脚本を依頼し、折しも公演中のジョセフィン・ベイカー(夏樹れい)に出演交渉する中、コーラスガールのレーニ(音波みのり)と彼女の友人ジル(綺咲愛里)に出会います。やがて完成した「忘れじの恋」は大成功を収めますが、宣伝指導者ゲッベルス(凪七瑠海)を中心としたナチス
はプロパガンダとして映画を利用しようとしていました・・・。


「メトロポリス」のワールドプレミアの観客の反応で、昨年コクーンで「メトロポリス」観た時のビミョーな感じ思い出したり、ナチスやゲッべルスと聞くだけで「国民の映画」や「テイキングサイド」「ホロヴィッツとの対話」が心に浮かんだり、私がこれまで観た舞台といろいろリンクする面の多い作品でした。


冒頭のワールドプレミアの場面。
幕が上がると大階段を客席に見立てて、ドレスアップした観客がこちら向きにぎっしり座っている演出、よかったな。
あちらこちらの席から一人、また一人と立ち上がって言葉を発するたびに、「お、かいちゃん、そこにいたのか」「しーらん、シブいな」「ぽこくん、イケメン監督だな」とか発見して、楽しいったらありゃしない。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする