2017年11月04日

ビリーは希望  「ビリー・エリオット」 大千穐楽


billy2.jpg


誇りを抱いて歩け 力強く
冷たい地の底へと 我らともにいざ行こう


ロイヤルバレエスクールへと旅立つビリー
ヘッドランプをつけて送り出す炭鉱夫たち
ストライキに敗れた彼らが、ビリーへの別れを込めて歌い、再び炭鉱へと潜って行く。
心に誇りを持って。

彼らにとって、ビリーはその頭上のライトのように、希望だったんだ。
炭鉱夫たちばかりでなく、ビリーの父のジャッキーにも、兄のトニーにも
ウィルキンソン先生やバレエ教室の女の子たちにも
そして、炭鉱の町に残る親友のマイケルにとっても
ビリーは希望。

Once We Were Kings というこの場面で号泣。

誇りを抱いて歩け 力強く と繰り返し歌うジャッキーやトニーや炭鉱夫たちの、それこそ力強い歌声が、ビリーに希望を託しながらも自分たちの誇りは失わない、と宣言しているようで。

というか、一幕でも二幕でも、それまでにも散々泣いたのですが。

ビリーが初めてピルエットで回った時
お母さんからの手紙
持って行きようのない怒りを爆発させる Angry Dance
オールダービリーと踊るスワンレイク
僕はもう自由 と歌い踊る Electricity

一つひとつ どの場面も宝石のように輝いていて愛おしい。


ミュージカル 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」
脚本・歌詞: リー・ホール 
演出: スティーヴン・ダルドリー
音楽: エルトン・ジョン 
振付: ピーター・ダーリング
翻訳: 常田景子  訳詞: 高橋亜子 
出演: 前田晴翔  吉田鋼太郎  柚希礼音  久野綾希子  
藤岡正明  小林正寛  栗山廉  山口れん ほか

2017年11月4日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階13列下手
(上演時間 2時間55分/休憩 20分)



1回目の感想はこちら


billyraku.jpg


「ビリー・エリオット」 本日126公演目。
大千穐楽でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする