2017年11月03日

時を超え 性を超越し 「オーランドー」


orlando.jpgヴァージニア・ウルフが恋人であった詩人 ヴィタ・サックヴィル ウェストをモデルにして書いたとされる物語。
後にヴィタのご子息が「文学における、最も長く魅力的な恋文」と評しているとか。


KAAT×PARCO 「オーランドー」
原作: ヴァージニア・ウルフ 
翻案・脚本: サラ・ルール 
翻訳: 小田島恒志  小田島則子
演出: 白井晃 
美術: 松井るみ 
音楽: 林正樹 
出演: 多部未華子  小芝風花  戸次重幸  
池田鉄洋  野間口徹  小日向文世

2017年10月22日(日) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階A列センター
(上演時間 2時間15分/休憩 20分)



物語の始まりは16世紀のイングランド。
美しい少年貴族オーランドー(多部未華子)は、エリザベス女王(小日向文世)の寵愛を受け、小姓となって宮殿に入ると他の貴婦人たちにもモテモテです。しかし初めて恋に落ちたロシアの美姫サーシャ(小芝風花)に手ひどく裏切られ、傷心のオーランドーは自ら望んでトルコ大使となります。とある出来事からこん睡状態に陥った彼は7日目に目覚めた時、女性に変身していました。女性となったオーランドーはその後も18世紀、19世紀と時を超えて生き続け・・・。


セピア色に曇った空と雲、打ち寄せる波が映し出されたホリゾントのスクリーン。
無粋な開演前の諸注意アナウンスもブザーもなく、開演時間になるとスクリーンの雲が静かに流れ始め、波の音が聞こえてきて、やがて生演奏のミュージシャンが位置に着くという幕開き。
このオープニングはじめ、いかにも白井晃さんらしい美意識やこだわりが感じられる演出が随所に見られました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:28| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする